2021年9月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で8回裏に2点ビハインドから1点差に迫るホームラン、9回裏にはサヨナラ安打を放ったオリックスバファローズの大下誠一郎について元中日の井端弘和、元横浜の斎藤明雄、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



大下のヒーローインタビューの一部

大下 打った瞬間にサヨナラやなっちゅう風に思ったんで、もう最高やったっす。ずっと調子落として、今日1軍に上がって来たんですけど、何とも言えん最高の感じですね。ここまで来たら絶対優勝するんで、みんなも応援よろしくお願いします。

 

 

大下を語る

この日の大下の打撃内容
1打席目 レフトホームラン(打点1)
2打席目 センターオーバーヒット(打点1)
途中出場から2打点!

 

アナ オリックスはロッテを下し首位に返り咲きました。井端さん、ポイントをお願いします。

 

井端 もうラッキーボーイの大下選手ですね。ジョーンズ選手がワクチン接種の副反応のために替わりに上がってきましたけど、それがなかったらと考えたら今日の勝ちはどうだったのかなと思いますし、2軍から上がってきて代打ですぐにホームランが出たというところで気楽になれて、このサヨナラ安打に繋がったのかなと思いますね。

 

大矢 今までとチーム状況が全然違うじゃないですか。

 

井端 そうですね。主力の吉田選手が怪我でいなくなったというところでは、チームとしてはかなり痛いと思いますし、更に土曜日曜と10点以上取られての負けだったので、ここで負けてたらズルズルいってたんじゃないかという試合だったので、大きな勝ちでしたね。

 

 

ここから5番バッターについて

 

アナ そしてその他のポイントもお願いします。

 

井端 杉本選手の後ろを打つ選手ですよね。今日はモヤ選手だったんですよね。

 

この日のモヤの打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 空振り三振
3打席目 セカンド併殺打
4打席目 ファーストゴロ
5打席目 レフト前ヒット
チャンスで凡退も最終打席で貴重なヒット

 

井端 杉本選手がヒットで繋いだりフォアボールで繋いだりしてチャンスメイクに徹してたんですけど、そこでモヤ選手が4打席凡打して、やっと5打席目でやっと結果を出したんですよね。明日以降も杉本選手の後ろが非常に大事になってきますよね。

 

大矢 そうですね。斎藤さん、5番がそんなに状態が良くないと4番を簡単に歩かせてという作戦をピッチャーも出来るんですよね。

 

斎藤 そうですね。無理に勝負しなくてもいいし、今日のモヤだったら絶対に抑えられるという感覚で投げれますから、簡単に楽になってくるのかなと思いますね。

 

大矢 そうですよね。こうなってくると、3番吉田がいない中での5番バッターって大事になってきますよね、井端さん。

 

井端 大事ですねぇ。前に吉田選手がいない状態だと、打って得点してからの5番じゃなくて、5番で得点しないといけなくなってくるんで、相当プレッシャーになってくる打順になりますよね。

 

 

以上です。

今後も5番が大事になってきます。
おすすめの記事