2020217日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020』で

 



最後のPL出身者

野村 PL学園の後輩で最後のPL卒のプロ野球選手やもんね。

 

中川 そうです。

 

野村 その責任というか、重荷を感じることはある?

 

中川 そうですね。試合前に先輩方に挨拶に伺わせていただく事があるんですけど、その時に「最後やな」「頑張ってくれよ!」ってよく言っていただくので、そこでPLの名前を消さないようにとずっと思ってやってます。

 

野村 うん()

 

 

大学同期の4人について

2019年の成績
111試合 打率.288 本塁打3 打点32

 

野村 昨シーズンを振り返ってもらいたいんだけど、自分の中で振り返ってどういう1年でした?

 

中川 本当に右も左も分からず、ガムシャラにやった1年でしたし、また多くの収穫や課題が見つかった1年でした。

 

野村 うん。それで昨年ルーキーで(東洋大の)大学同期が4人も入ったよね。

 

中川 はい。

 

野村 ピッチャー3(甲斐野、上茶谷、梅津)と一緒に入って、その辺の意識はある?

 

3人の2019年の成績
甲斐野 65試合 2勝5敗 28HP 8S
上茶谷 25試合 7勝6敗
梅 津 6試合 4勝1敗

 

中川 そうですね。まず甲斐野が1軍で開幕戦に初勝利して、上茶谷も開幕ローテで投げてましたし。

 

野村 うんうん。

 

中川 ピッチャー3人が上で投げてたのでスゴく刺激になりました。

 

野村 4人でいるとムードメーカー的なのは誰になる?

 

中川 ムードメーカーは上茶谷なんですけど。

 

野村 うん。

 

中川 上茶谷と甲斐野が揃えば、まあスゴいことになります。

 

野村 うんうん。

 

中川 大学の時もワーっとなってるところを梅津がちょっと止めたりとかっていう()

 

野村 ()

 

中川 それでいいバランスで()

 

野村 やっぱり梅津が冷静なん?

 

中川 パパみたいな感じで()

 

野村 あっ、そうなんだ()

 

 

2020年の課題

野村 今年、何か自分で取り組んでいることはあります?

 

中川 守備面の強化ですね。

 

野村 西村監督が「サードをやってもらう」という話をしてたけど。

 

中川 はい。(アマチュア時代に)ずっとセカンドをやってきて、ポジションの見方というか、サードはまた角度が違いますし、プロの打球はスゴく速いので、そこで対応・反応をして、そこから送球をすることが一番難しいかなと思いますね。

 

野村 対応はできそうですか?

 

中川 そうですね。

 

野村 目標に挙げる数字。何かありますか?

 

中川 規定打席で3割です。

 

野村 去年で288か?

 

中川 そうです。

 

野村 規定打席の3割か。そして出塁率は?

 

中川 4割です。

 

野村 おぉぉ、いいねぇ。それぐらいの数字だと打率も3割いってるね。

 

中川 そうですね。

 

野村 そこはクリアしたい数字?

 

中川 クリアしたいですね。

 

野村 なるほど。そうするとオリックスは面白いね。じゃあ、アピールポイントをガーンっと売り込んで。

 

中川 はい。今年は規定打席で3割というのを目標にチームの優勝に貢献できるように頑張っていきたいと思います。

 

野村 もうちょっとアピールポイントを売り込んどけ()

 

中川 チャンスの打席は必ず打ちますので、見ていてください。よろしくお願いします。

 

野村 見ていてください。よろしくお願いします。必ずやってくれますので。大丈夫だな?

 

中川 はい。

 

 

以上です。

おすすめの記事