2018年4月15日にTBSで放送された「S-1」という番組で野村克也が読売ジャイアンツvs広島カープの試合をぼやき解説しております。今回もほぼ巨人目線です。

 



【巨人の優勝を予想していたノムさん】

野村 まあ、まだ始まったばっかり。これからだわな。

 

【2回裏に外角低めの球をホームランにした亀井を絶賛】

野村 うわ~。よくあれでスタンドまで持っていけたな。遠く低いところだよ。読んでたねコースを。インコース真っ直ぐはまず無いと。打ち方が完全に外角待ちの打ち方だ。

 

【5回表の菊池のライト方向へのホームランを見て】

野村 入った。あんなので入っちゃうの。球場が狭いのか、気圧の関係なのか。本当によく飛ぶよ。

 

【6回裏の岡本の打席で】

野村 さあ、注目の人が出てきたよ。

 

【落とされたボール球を振った岡本にノムさんは・・・】

野村 あーあ。あんな球までしゃくり上げているよ。スイングがアッパースイングで月に向かって打っているよ。レベルスイングじゃないから、すくい上げてる。

 

【7回表に上原が菊池にホームランを打たれてマウンド上で何かを叫ぶ】

野村 何か言ったよ。叫んだ。チクショーって言ったの? (菊池に打たれた)フォークのすっぽ抜けが1番危ない。上原らしくないね。

 

【その後もボコボコに打たれマウンドを降りる上原】

野村 まあ、キャッチャー(小林)も悪いよね。上原の球がきてないって分かるはずだよ。(上原の投げる球が)高め、高め、高めですっぽ抜けてるからキャッチャーが1番分かるよ。

 

スタッフ 小林がマウンドに行くべき?

 

野村 そうだよ。マウンドに行くべきだよ。元メジャーリーガーだと思うから行けない。

 

スタッフ 大先輩だから。

 

野村 フッフフ(笑) そうだよ。大先輩だし。

 

スタッフ そういうのって気にしちゃいけないんですよね。

 

野村 いけない。グラウンドに出たらみんな同級生だよ。フフフ(笑)

 

【3点ビハインド9回裏に巨人が坂本のタイムリーで反撃】

野村 うまいこと打ったねぇ。これアウトコースの難しい球だよ。さすが坂本、巨人の逆転サヨナラあり!大逆転やってみい。

 

【9回裏 1点差1アウト満塁で打者ゲレーロ 初球に豪快なスイングでファール】

野村 そんなに力いらないよ。こういうチャンスでのバッティングを知らないね。軽く打ちゃいいのに。チャンスだからってどうしても気合が入って力むんだよね。

 

【その後、反撃も及ばず巨人は敗戦 そpんな巨人をノムさんは心配】

野村 ん~上原もなんかしんどいね。絶不調と言っていいんじゃない。低めの球が1球もないもんね。巨人は投手陣をどう立て直すか。0点で抑えれば100%負けない。0点に抑える主役はピッチャーだから。もう打線に期待しているようでは立ち直れない。

 

 

以上です。

上原は少しきつくなっていますね。休み休みで使うのが良いんでしょうね。

おすすめの記事