2018年10月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスで4戦、5回裏に出た甲斐キャノンについて元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 5回表には2アウトランナー1塁でソフトバンクのキャッチャー甲斐選手の甲斐キャノンが炸裂しました。

 

野村 このシリーズで4個目の盗塁阻止ですよ。まず里崎さんに聞かないといけないんですけど、これ凄いですね。

 

里崎 そうですね。まず肩もいいし、捕ってからも速いし、コントロールもいいじゃないですか。

 

野村 うん。

 

里崎 一番は足の運びが速いんですよね。捕ってから右足が着くのが速いんですよ。セカンドに投げるコツはあの右足をいかに速く地面に着けるかどうかが勝負なんですよね。

 

野村 要は軸足になる方の足ですね。

 

里崎 そうです。あの右足が地面に着くスピードが甲斐は極めて速いんで、捕ってから速くすることを可能にしていますよね。

 

野村 なるほどね。

 

高木 まあ、タッチする野手側からするとボールが生きているんですよ。だから捕りやすいんですよ。

 

野村 要するに垂れてくるとダメですもんね。

 

高木 そう。甲斐の投げる球だと勝手にグラブに入って来る感じ。

 

野村 捕りにいかなくても入って来るという。

 

高木 うん。だからタッチもしやすいし、ボールも殺しやすいし。抜群ですよ。

 

野村 あの足の運びがキャッチャー目線だと目に付くんですね。

 

高木 これ甲斐のスピードを測った方がいいですよ。

 

野村 捕ってからのね。

 

高木 いや、捕ってからじゃない。ボールの速さ。スピードガンで。何キロぐらい出ているのか興味あるでしょ。

 

野村 そうですね。

 

高木 だから測ってみたら面白いのにね。

 

里崎 けっこう出ますよ。測ったことありますけど、僕は142キロでしたもん。

 

野村 じゃあ、里崎さんが見ていて、甲斐のあの送球は何キロぐらいに感じます?

 

里崎 ・・・(しばらく考える)。やっぱり145キロぐらい出てるんじゃないですか。

 

一同 ハハハ(笑)

 

野村 もうちょっと出てそうな気がするんだけどなあ(笑)

 

高木 まあ、捕ってから物凄く速いでしょ。力んで投げているタイプじゃないからね。

 

野村 タイミング良く投げているイメージですよね。

 

高木 そうそう。

 

野村 ただ、甲斐は送球に目がどうしてもいっちゃいますけど。

 

高木 速い。かなり速い。

 

里崎 あとコントロールが抜群にいいですよね。この日本シリーズでもほぼ狂いなく投げているんで、逆に言うと今日のはちょっと高くなったという感じぐらいで他は完璧ですからね。

 

野村 逆に今日のは悪いぐらいですよね。

 

里崎 そうです。この日本シリーズでは今日は悪いぐらいです。あと前に捕りにいってないのがいいんですよね。焦っちゃうと捕りにいっちゃうんですよね。

 

野村 それはグラブを前に出すという意味?

 

里崎 グラブを前に出すと軸が崩れるんですけど、甲斐も高谷もそうなんですけど、捕りにいかないんですよね。そこがまた軸が崩れない素晴らしい結果になっていますよね。

 

野村 なるほどねぇ。

 

高木 まあ、スタートも悪いけどランナーも力みがあるね。

 

野村 甲斐がキャッチャーだと力みがあると。

 

高木 だから力みがあって進んでない。

 

里崎 この場面は2アウトで田中広輔だったので、アウトになっても次の回で1番から始まるんでアウトになってもいいぐらいのつもりでいったと思うんですけど、それにしても若干スタートが遅かったという感じがありますよね。

 

高木 力みがあるから中間走も乗らないんですよね。

 

野村 なるほど。力みでスピードが乗ってこないと。

 

高木 うむ。

 

古田の甲斐キャノンの解説

赤星の甲斐キャンの解説

谷繁の甲斐キャノンを詳細に解説

 

 

以上です。

日本シリーズ4試合終了時点で盗塁阻止率10割です。

おすすめの記事