2018年10月31日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスで4戦、6回からカープを完璧に封じたソフトバンクの豊富過ぎる中継ぎ陣について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日のSBの継投

投手左右被安打失点
1番手東浜541
2番手モイネロ100
3番手武田100
4番手嘉弥真100
5番手100

 

稲村 最後はソフトバンクが継投で逃げ切りました。

 

野村 はい。もう5回以降、カープはノーヒットです。

 

高木 やっぱね、中継ぎ陣がバラエティに富んでますよ。それぞれに特徴があるもん。

 

野村 右左もあるし横もいますからね。

 

高木 もうね、どれだけ豊富に中継ぎがいるんだって話。

 

野村 はい(笑)

 

高木 これ石川柊太がいないでノーヒットに抑えているんだから、完璧と言うしかないですよね。

 

野村 モイネロが左のオーバーハンドでしょ。武田が右のオーバーハンドで独特のカーブを持っている。嘉弥真が左のサイドスロー。そして最後の森はカットボールの使い手。里崎さんはこれ見てどうですか?

 

里崎 クライマックスシリーズのファイナルからそうですけど、この武田を中継ぎに入れたことで非常にグッと中継ぎが引き締まりましたよね。

 

野村 うん。

 

里崎 今日はいませんでしたけど、ここに石川が入ることによって先発が本当に5回で良くなったんですよね。そういったところで先発も力を発揮しやすい。中継ぎも締まってきた。

 

野村 はい。

 

里崎 あとはモイネロ、加治屋、森に頼らなくても武田、アンダースローの高橋礼もいる、というところで中継ぎ陣が本当にバラエティ豊かになって工藤監督も一人一殺じゃないですけど、使いやすくなった編成になったかなという印象がありますね。

 

野村 まあ、先発ピッチャーも広島のジョンソンの7回が最高であとはほとんどが5イニングなんですよね。豊さん、ブルペン陣が厚くなっているということも含めてそういった野球になっているんですかね?

 

高木 ソフトバンクはそうですよね。逆に広島が勝つんだったら左ピッチャーを2枚ぐらい入れないとダメですね。

 

野村 フランスアしかいないですよね。

 

高木 でも登録の中で誰かがいるでしょ。

 

野村 それはいるでしょうね(笑)

 

高木 もうね、ソフトバンクは2017年の日本シリーズのDeNAもそうだけど、その前のクライマックスシリーズを戦った楽天でもそうだけど、左ピッチャーの抜いたボールに対して弱さがあるんです。

 

野村 ソフトバンクにはそこに弱さがあると。

 

高木 うん。打線の特徴としてね。左がいないと、やっぱり勝てない。抑えられない。それぐらいになってきている。

 

野村 なるほど。

 

高木 それと會澤がちょっと読まれている。だからキャッチャーは石原の方がいいと思います。

 

野村 リードの傾向も出始めている可能性があるということですね。

 

高木 やっぱりバッティングのことを考えると會澤なんだけど、石原のリードというのは2戦目のジョンソンとのバッテリーで素晴らしかったですね。

 

野村 マツダでは柳田に対しても最高のリードをしてましたよね。

 

高木 ああいう左ピッチャーの抜ける球が欲しいんですよ。

 

野村 なるほどね。

 

 

以上です。

途中からソフトバンク攻略法になっていますけど、ソフトバンクの中継ぎ陣は豊富過ぎます。

おすすめの記事