2018年4月29日にTBSで放送された「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで先日亡くなった衣笠祥雄さんの思い出について元西武の石毛宏典、元ロッテ巨人の張本勲が番組MCの関口宏と共に語っています。

 



【過去の衣笠さんの映像を振り返ってから】

張本 残念ですね。まだ若いのにね。昭和のスター、選手がまた墜ちましたね。

 

関口 うーん。

 

張本 走攻守で揃った選手は少ないじゃない。この人(隣に座っている石毛を指差して)もそうだったんですよ。それにプラスしてファイトがあったから。

 

関口 そうでしたねぇ。

 

張本 この人(石毛)と同じ内野手ですけど、よく似ていたんですよ。

 

関口 はい。

 

張本 長打も打てるしね。

 

石毛 そうですね。僕は衣笠先輩とは86年に広島カープと西武ライオンズの日本シリーズをやらせて頂いて。

 

関口 はい。

 

石毛 日本シリーズで対戦したのは引退する前だったんですけど、ちょうど先輩が平安高校からプロに入って3年目ぐらいにですね、僕らも教わった根本陸夫さんのヘッドコーチの下で「お前のセールスポイントは何だ?」と「野球選手の衣笠祥雄を作って来い」と言われたんですよね。

 

関口 へぇ。

 

石毛 そういうテーマを貰ってから先輩は『フルスイング』に懸けたわけですね。そこで自分のプレースタイルを作られて、その後に僕らも言われたんですけど「レギュラーは絶対に休んじゃいけないぞ」という。

 

関口 うん。

 

石毛 「それがレギュラーの仕事なんだから」ということで、そのへんのプロ野球選手としての、その辺の所謂、グラウンドでの所作がスポーツマンシップそのものの野球選手だったかなあという気がしますね。たくさん大切なことを教わりましたね。

 

関口 はい。本当に惜しい方でしたね。ありがとうございました。

 

 

以上です。

石毛も張本も衣笠さんが亡くなったことを悲しんでいますね。とにかくプロ意識が高いというのが方々から伝わってきます。試合に出続ける根性は誰にも真似できませんね。

おすすめの記事