2018年5月8日のvs巨人戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は阪神秋山、巨人山口で始まる。初回は両者静かな立ち上がりでしたが2回表に山口が乱れ四球、死球、死球で満塁となり梅野のセカンドゴロで併殺を狙ったが坂本の捕球ミスで先制点が入る。その後に打者秋山がタイムリーと鳥谷の犠飛で更に2点を取る。3回表にはロサリオの看板直撃のソロ、4回表には打者秋山もソロホームラン、5回表に高山が2点タイムリー、9回には糸井が2ランと大量点を取る。守っては先発の秋山が要所を締めて見事に5安打完封。最終スコア9-0で阪神が勝利。G+とMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 



【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ 大事な6連戦の初戦を託した秋山が大活躍。最高のスタートですね。

 

金本 そうですね。投げても打ってもね。投打のヒーローが秋山と思います。

 

アナ 投手秋山はいかがでしたか?

 

金本 まあ、ストレートも良かったですし、変化球もキレが良かったんでね。今日は7回か8回ぐらいまで投げてくれたらいいなと思っていたんですけど、まさか9回まで投げ切ってくれるとは思っていなかったんでね。6連戦の頭で非常に助かりました。

 

アナ 8回裏に投げ終えた段階で秋山とベンチで何かやり取りをされていましたが、どんなやり取りだったんですか?

 

金本 ちょっと疲れが見え始めたんで、本人の意思を尊重して9回いけるかどうか、聞きにいきました。ただ、本人が「行きたいです」ということだったんで、じゃあ行ってこいと。

 

アナ 打つ方ではタイムリーに加えてレフトへのホームラン。いかがですか?

 

金本 そうですね。高山や梅野あたりは教えてもらいに行かないといけないですね(笑)

 

アナ そして、4番のロサリオに物凄い一発が出ました。

 

金本 あれは本当に大きかったですよね。2回表に相手の四球やミスに付け込んだ3点の後の一発っていうのがね。欲しいところで打ってくれたんで良かったです。

 

 

アナ ああいう大きな当たりを待っていたんじゃないですか?

 

金本 まあ、そうですね。そういう打った瞬間のホームランをまだ見てなかったので見ている方も気持ち良かったですね。

 

アナ さあ、甲子園の借りをまず1つ返しました。明日はメッセンジャー。明日に向けて一言お願いします。

 

金本 明日もメッセが出来るだけ長い回を投げてくれて、打つ方もしっかりと点を取って。まあ、今日みたいな勝ちはなかなか出来ないと思いますけど、スッキリ勝って勢いを付けたいです。

 

アナ 明日も期待しています。

 

金本 はい。ありがとうございます。

 

 

【会見後の金本監督のコメント】

金本 僕は悔しさを持っているし、やり返したいという気持ちがあるんだけど、選手もそういう気持ちを持って戦っていてくれている。根本は気持ちが体を動かすんだ。『今度はやり返す』という、そういう思いがプレーに出るんだよね。看板直撃は現役時代に3回やっている。臨時収入は嬉しいもんよ(笑)

 

【試合後の香田コーチのコメント】

香田 (8回を抑えた後にベンチで話し合っていた場面は)投げさせたいピッチャーもいるし、秋山も少し疲れているように見えたので一応、確認をした。本人が「行きたい」と言うから「じゃあ行ってこい」と送り出した。秋山の状態もいいが、巨人打線も非常に良い状態だった中で緩急も上手く使っていたし、色んなボールを使って、とにかく粘りながら投げてくれていた。カーブがキーになるようなゲームだったね。

 

 

以上です。

金本監督は終始ご機嫌でした。秋山のピッチングは安心して見ていられるという試合でした。阪神ファンにとっては非常に気持ちの良い試合でしたね。ロサリオの一発凄かったなあ。

おすすめの記事