2021年10月11日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2021」で中日ドラゴンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの山下剛と共に解説しています。

 



 

アナ ドラゴンズは育成ドラフトに参加せず、支配下選手での指名となりました。ドラゴンズはブライト健太を初め、分かりやすく右の野手を指名という事になりましたね。西尾さん、ドラゴンズの指名はいかがでしょうか?

 

西尾 完全に振り切りましたよね。思い切ったと言えば思い切っていますけど、ただ即戦力で野手を求めるのは大変だと思うので、大学生が3人ですけど、3人とも時間がかかると思うんですよね。

 

アナ はい。

 

西尾 今は若手に楽しみな野手がいるんで、その選手たちとの競争。特徴のある選手は取れたんで、あとは頑張って育成で、現場の頑張りが必要ですよね。

 

アナ そうですね。根尾選手や石川選手いもいますしね。現場としては急いで育ってほしいですが、焦らずじっくりとですね。

 

小関 うん。何となく今の1軍のチームの勢いに流された感じがしますね。

 

アナ あぁ・・・。

 

小関 打てないから、全部打てる人を指名しようとする。オリックスなんかはもうちょっと先を見据えた指名をしてると思うんですよね。

 

アナ はい。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

思い切った指名もいいと思います。
おすすめの記事