201972vs横浜DeNAベイスターズ戦@横浜スタジアムの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は西勇輝、DeNAの先発は上茶谷大河。試合は序盤から完全な投手戦。西は上々の立ち上がりで上茶谷は絶好調の立ち上がり。3回裏に2番に抜擢された佐野にソロホームランを打たれて阪神は先制される。更に5回裏にまたも佐野にタイムリー2ベースを打たれて2点差となる。阪神は再三のチャンスを作るが1点取れず。22イニング連続得点なし。8回裏には小野が押し出し四球、タイムリーヒットで2失点で4点差となる。これで試合が決まり0-4で阪神の負け。テレビ大阪の野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―先発の西について

矢野 西は西の仕事をしてくれたけどね。

 

―明日に向けて

矢野 明日は流れを変えるために1番を含めて色々と入れ替えようと思っている。

 

 

以上です。

近本が全然打たなくなって26分ぐらいになってから動くのって見る目ないですよね。

おすすめの記事