2018年4月5日のvs横浜戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は2-0で阪神が勝利しました。先発のメッセンジャーが中5日で登板しましたが8回無失点と見事なピッチング。攻撃では横浜の先発ドラ1ルーキー東が好投してなかなか点が入る気配がありませんでしたが4回表にロサリオ、福留の連打から大山の犠牲フライで1点。2点目は横浜2番手の砂田から8回表に高山ヒット、上本が送り、糸井がタイムリー。最後はドリスが3人で締めて見事な勝利となりました。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考にして書いております。

 



【この日の梅野リードについて】

金本 今日はメッセンジャーをリードして内外、高低、緩急と広く使ってメッセンジャーのイメージを変えるようなリードをしてくれた。メッセンジャーの能力を非常に上手く引き出してくれた。今までは真っ直ぐフォーク、真っ直ぐスライダーというメッセンジャーの力に頼りがちだったリードだったが今日のリードは良かった。

 

【この日の横浜の先発ルーキー東について】

金本 東は非常に良いピッチャー。左バッターがよく捉えてくれた。(高山、糸井、福留が東からヒットを打っていた)

 

【糸井がけん制でアウトになった場面について】

金本 個人的な考えではあれはボークだと思うよ。審判団に検証してもらいたい。あれが良いならうちも同じことをやるよ。

 

【先発のメッセンジャーについて】

金本 あと2点ぐらいあれば最後まで投げさせることを考えたが、中5日で追加点もなかなか取れなかったので8回までということにしました。

 

【先制犠牲フライを打った大山について】

金本 本来はクリンナップを打たせたいんだけども、ロサリオを4番と中心に据えたこともあって3番と5番を左で固めたいから今は6番だけどもね。

 

 

以上です。

饒舌に語っていてご機嫌だったようです。

おすすめの記事