2018年4月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日は1安打を放つも3三振で調子の上がらない阪神ウィリン・ロサリオについて元横浜の平松政次、同じく元横浜の野村弘樹、元中日の立浪和義が語っています。

 



 

平松 打線は糸井と福留がいいんだけど4番のロサリオがなかなか打てていなんですよ。まあ、今日はヒットを打っていますけど。野村さん、外の抜けるような落ちる変化球に全くタイミングが取れていない。

 

野村 そうですね。2回チェンジアップで空振りをしているところも含めてインコースが気になると外に全く対応できないでしょうし、外を攻められるとインコースにズバッと来るというところでオープン戦とはまた違いますからね。そこに少し苦労しているという印象ですね。

 

平松 立浪さんね、タイガースのヘッドコーチの片岡さんがお二人(立浪と野村)の同級生。

 

立浪 そうですね。

 

平松 昨日、片岡コーチに話を聞きましたら「平松さん、ロサリオは打てないと言っていたけど打ちますよ」って断言しているんですよ。

 

立浪 はい。

 

平松 今日も恐らくプロ野球ニュースを見ていると思うんですけど。ロサリオはどう?

 

立浪 やっぱり、スイングがあれだけ速くて迫力がありますから、今見ているとボール球を振るのはちょっと始動が遅いのかなっていうことも感じられますから。あとはどんどん対戦していく中で配球の読みであったり、ピッチャーに慣れていかないことにはなかなか外のボールへの対応は難しいと思いますね。

 

平松 はい。

 

立浪 あとはインコースをあまり意識しないことですよね。

 

平松 まあ、片岡コーチとはかなり話をしていますけど、どうも軸足が動くのをみんな気にしているんですよね。

 

野村 その話はよく出ますね。ピッチャーからすると軸足が動くんだったら、そこに突っ込んで動かしといて最後に外というイメージができますね。

 

平松 配球でいうとまだまだ内角の速いボールで攻められてないんですよ。そこを使ってまた外で揺さぶられると、けっこう時間がかかるんじゃないかなと思うんですけどね。

 

野村 横の変化でベース板を広く使っていきたいタイプに感じますね。

 

平松 まあ、パワーがあって当たったら飛んで行きますんで一回りぐらいは我慢しなきゃいけないのかなあ。どういうピッチャーがどういうボールを投げてくるのかってので。立浪さんもルーキーの時にどのピッチャーがどのボールを投げてくるのかっていうのはかなり研究したでしょ?

 

立浪 まあ、自分が入った頃っていうのは本当に球種が今よりも少なかったんでね。

 

平松 少なかったか。

 

立浪 そんなに考えなくて良かったんですけど。

 

野村 まあ、(立浪は)天才肌ですからね。

 

平松 そんなに考えてなかった。

 

野村 考えずにスコーンと打つタイプなんで(笑)

 

平松 天才肌だったか(笑) まあ、ロサリオが打ち出すと強いと思いますよ。

 

 

以上です。

ロサリオは苦労していますね。4月4日の試合でテレビ解説をしていた真弓にもダメ出しされていました。

おすすめの記事