2019623日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発し投打に活躍した横浜DeNAベイスターズの上茶谷大河について横浜で監督をしていた大矢明彦、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



上茶谷のヒーローインタビューの一部

―今日のピッチングについて

上茶谷 ランナーを背負うケースがスゴく多かったんですけど、粘り強く投げれたかなと思います。

 

―ドラ1対決 辰己との対決

上茶谷 打席に立つときにこっちを向いて笑ってきたので、スゴい意識したんですけど、打たれちゃいました(苦笑)

 

―打つ方では決勝2点タイムリー

上茶谷 打席に入るときに歓声がスゴく聞こえて、三浦コーチからも123で振ってこいと言われてそれでいきました。

 

 

大矢、岩本が語る

この日の上茶谷の投球内容
6回94球 被安打6 奪三振5 四死球1 失点0
今季4勝3敗 防御率3.42(6/23の試合終了時点)
バットでは2打点!

 

アナ 上茶谷投手が投打で活躍し楽天に勝利。4勝目をマークしました。

 

岩本 大矢さん、投げる度に大きくなっていく上茶谷ですね。

 

大矢 そうですね。やっぱり立ち上がりにストレート狙いで相手が振ってきてたんで、キャッチャーの伊藤も少しカットボールに変えていたんですよね。

 

岩本 はい。

 

大矢 このバッテリーの呼吸もしっかり合っていましたし、何よりも上茶谷の場合はコントロールが乱れないですよね。これがやはり相手の打線にとっては厄介だと思いますね。

 

岩本 でもキャッチャーが何かを感じてシフトチェンジした時に、そこに対応する上茶谷のポテンシャルもやっぱり高いもんがありますね。

 

大矢 そうですね。左バッターにはフォークを交えながら安定感のあるピッチングを今日はしましたよ。キャッチャーはスゴく楽ですね。

 

岩本 なるほど。ナイスピッチングでした。

 

アナ そして岩本さんは現役時代に交流戦で劇的なホームランを打ちましたが、今日の上茶谷投手は打っても2点タイムリーでした。

 

岩本 僕もバッターボックスに入った時には絶対に戦力になりたいと、そう思って交流戦でバッターボックスに入っていたんですね。

 

アナ はい。

 

岩本 彼も同じように。前のバッターが申告敬遠され、自分が打つことによって自分が楽になるし、チームを勝ちに近付けれる。そういった攻撃的姿勢が好結果を生んだと思っています。

 

アナ はい。

 

岩本 僕も巨人戦のホームランよりも、次の試合では広島市民球場でヒットを打ったんですね。

 

アナ そうなんですか。

 

岩本 そして後続の打者が繋げてくれてホームベースも踏んだんですね。その時に勝利投手にもなりましたし、やはり打席に立ったのがピッチャーでも戦力として頑張って頂きたい。ナイスバッティングでした。

 

 

以上です。

投打に活躍。
おすすめの記事