2018年8月4日のvs.ヤクルト戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

阪神先発・メッセンジャー、ヤクルト先発・カラシティーで試合が始まる。阪神は初回に糸原が出塁、3番の福留の2ランで2点を先制。しかし、今日のメッセは不安定で4回表に山田のソロホームランを皮切りに一挙6点取られる。5回表にはメッセからの継投で望月が投げるが雄平にソロホームランを打たれて5点差まで広げられる。阪神は完全に負けムードでしたが5回裏にはロサリオの2点タイムリー、6回裏には北條、糸井、陽川のタイムリーで3点を返し同点に追い付く。更に7回には梅野の2塁打から糸原、福留、糸井の四球が続き押し出しで1点を勝ち越し。阪神はこのままの点差で9回裏の抑えドリスまで繋ぎましたが2アウトを取ってから青木とバレンティンに打たれて同点となり延長へ。11回表に2イニング目の桑原がヤクルト打線に捕まり1点勝ち越される。ここで9割負けの状況でしたが11回裏に1アウトから代打原口がレフト前ヒットを打ち、代走植田に。次のバッター糸原がレフト前にちょうど落ちるようなヒットを打ったのをヤクルトのレフト三輪が後ろに逸らし植田が1塁から一挙に生還しバッターランナーの糸原3塁まで進塁。そして、次のバッター北條がレフトに見事な犠牲フライを放ちサヨナラ勝ち。



 

【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ 2対7の5点ビハインドから二転三転ですごい試合でしたね。

 

金本 そうですね(笑) まさかのメッセとかね。ドリスもやられたりしましたけど、本当に5点差をよく追い付いてくれました。

 

アナ 最後に決めたのは北條でしたけども、9回に送りバントの失敗があって、悔しい気持ちで打席に入ったと思いますが、監督はどんなお気持ちで見ていました?

 

金本 そうですね。バントの失敗を引きずっていなければいいなと思っていましたね。逆に取り返すんだという、いい意味での引きずり方をしてくれたらいいなと思っていましたね。まあ、よく決めてくれました。

 

アナ まあ、今日は打つ方ではヒーローがたくさんいたという感じだったんですけど、監督からはどうでしたか?

 

金本 本当にタイムリーを打った人は2ストライクからね。陽川とか糸井とか、あとはロサリオのタイムリーも大きかったですね。

 

アナ 一時は決勝点となるかと思った糸井なんですけど、今日は怪我から戻って来ました。2打点です。どのように見ましたか?

 

金本 うん。まだちょっと糸井本来のタイミングといいますか、バッティングではないと思うんですけど、ここからは上げていってほしいですね。

 

アナ 本来ですと9回でスッキリ決めたかったんですけどね。

 

金本 まあ、今日はこういう展開なので(笑) 誰が1本打たれたとか、そういうふうに思わないようにします。

 

アナ まだまだロードが続きますが、一旦、関西に戻って来て、いい流れにしていきたいですね。

 

金本 そうですね。久々に投手陣を打線がカバーした形の試合ができたんでね。本当に乗っていきたいですね。

 

アナ さあ、明日は小野です。神宮でやられています。明日に向けて一言お願いします。

 

金本 前回も結果は良くなかったんですけど、ボールは素晴らしかったんで、本当に自信を持って投げてほしいですね。

 

 

【その後の金本監督のコメント】

金本 北條はあのバント失敗を引きずらずによく打ってくれたんだけども、今日の一番の勝利の要因は、そもそも5点差を一旦追い付いたという流れ。負けなしのカラシティーに対してズルズルいかずに反発力を見せたこと。ロサリオは右ピッチャーからカラシティーから変化球を逆らわずに右方向に初めていい当たりを打ったよね。

 

 

以上です。

まさかのサヨナラ勝ちでした。

おすすめの記事