2020年10月16日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で今季2本目となる先頭打者ホームランを打った千葉ロッテマリーンズの藤原恭大について元横浜の野村弘樹、元巨人の松本匡史、中日で監督をしていた谷繁元信がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



藤原のヒーローインタビューの一部

初のヒーローインタビューについて

藤原 この前はヒーローになれなかったんですけど、今日は多くのファンの方もいますし、本当に嬉しいです。

 

現状について

藤原 1番バッターとしてやらせてもらってますし、日々成長しながらというのを考えて、いいピッチャーにも当たっていますし、本当にいい経験をさせてもらっています。

 

ファンに自己紹介

藤原 千葉ロッテマリーンズの藤原恭大です。今日が初めてのヒーローインタビューですが、もっともっとここに立てるように日々成長したいと思っています。そして優勝争いをしているので、1番バッターとして塁に出ることを、そしてチームに貢献できることを目指してやっていきます。よろしくお願いします。

 

 

藤原を語る

この日の藤原の打撃内容
1打席目 ライトホームラン(打点1)
2打席目 ライト前ヒット
3打席目 空振り三振
4打席目 レフトフライ
シーズン打率.333(10/16の試合終了時点)
史上3人目となる2号も先頭打者ホームラン!

 

アナ ロッテが日本ハムに勝利。藤原選手は初のお立ち台でしたが、初々しかったですね、野村さん。

 

野村 たっぷりとヒーローインタビューを流しましたね(笑)

 

アナ そうですね(笑)

 

野村 谷繁さん、藤原の第2号ホームランが2本目となる先頭打者ホームランですよ。初々しくていいですね(笑)

 

谷繁 相当緊張してましたね(笑) 僕も思い出しましたよ。

 

野村 はい(笑)

 

谷繁 まあ、いいバッターですよね。今は誰かの替わりっていう形で本人は思ってると思うんですけど、離脱した選手が帰って来てもスタメンを渡さないぐらいの成績を残してほしいですよね。

 

野村 本当にそうですよね。松本さん、藤原が元気ですね。

 

松本 いやぁ、いいですねぇ。若手がこういうチャンスを掴むというのは本当にいいと思いますね。

 

野村 チームが活性化しますもんね。

 

松本 勢いがつきますよ。

 

野村 そうですね。

 

 

以上です。

並みの選手じゃないですね。盗塁もしてました。
おすすめの記事