2020627日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で1点リードしていたものの、6回表の読売ジャイアンツの攻撃でそのベンチワークに元南海阪神の江本孟紀と元ロッテの里崎智也がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



シーン
6回表 巨人の1点リード 1アウト2塁
巨人の先発ピッチャー田口がそのまま打席に入りタイムリー2塁打を放つ。そこで2塁ランナーになった田口は代走を送られて降板することに。その直後の6回裏に巨人はリリーフが打たれて逆転負けを喫すること。この巨人のベンチワークについて江本と里崎が疑問視をしています。

 

井森 ホームラン合戦を制してヤクルトが巨人に逆転勝ちでした。江本さんには気になるシーンがあったと。

 

江本 6回表に先発ピッチャーの田口がタイムリー2塁打を打つんですよね。田口はいいバッティングをするので打たせたと思うんですけど、それよりも投げることを考えたら、この勢いに乗って次の6回裏もそのまま投げるのかなと。

 

井森 はい。

 

江本 その後でピッチャーの交代がきてもいいんだけど、ここで代わったことによって次のピッチャーが打たれてしまう。まあ、みんな調子が悪かったわけですよ。

 

井森 うーん。

 

江本 要するに田口に代走を送ってゲームの流れがちょっと変わってしまったのかなと。

 

井森 なるほど。ここがゲームの分岐点になってますよね。

 

江本 あとのピッチャーを信頼して代走を送ったというのもあったでしょうけど、やっぱりリリーフ陣はここのところ連投だしね。

 

井森 そうですね。

 

江本 疲れもあったと思いますね。

 

井森 里崎さんはどう見ますか?

 

里崎 江本さんが言われたように、高木京介は阪神ボーアを抑えたり、藤岡もどんどん投げていましたよね。

 

井森 はい。

 

里崎 この試合では急に交代を告げられる形になったと思うんで、準備もままならなかったのかなと思いますし、そして連投の疲れもあって、若干苦しかったのかなと思いますね。

 

井森 なるほど。

 

 

以上です。

原監督は田口に打たせて上手くいったんで先走ってしまったかもしれませんね。
おすすめの記事