2018年8月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で先発し8回途中まで完封ペースできていましたが、バットを踏んで足を負傷してしまい途中退場となった埼玉西武ライオンズの多和田真三郎について元中日阪神の田尾安志、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の多和田の投球内容】

7回1/3、114球、被安打5、奪三振9、四死球2、失点0

今季12勝4敗 防御率4.07 (8/7の試合終了時点)

 

 

先発の多和田は8回裏にレフト前ヒットを打たれた時に後ろ向きでホームの方にスタスタと移動していたらバットが足元にあり、それを軽く踏んでしまい、足をくじいてしまう

 

アナ 先発の多和田投手が良かったんですけども、途中でアクシデントがありました。

 

高木 はい。田尾さん、監督だったら「バカたれぇ!!!!」って怒りますか?(笑)

 

田尾 ハハ(笑) しっかりと見とけよと言いたくなりますけどね。

 

高木 はい。

 

田尾 だけど、投げているボールのグゥーっと伸びる真っ直ぐ。これはちょっと他のピッチャーにはないですよね。

 

高木 そうですよねぇ。

 

田尾 それで、バットを踏んで足をくじいたのは本当にもったいなかったですね。

 

高木 これ軽傷だということを聞いて、ちょっとホッとはしたんですけど。

 

田尾 しますよねぇ。

 

高木 これ多和田がいなくなったら、チームにとってかなり大きいですよねぇ。

 

田尾 もうエースですからね。

 

高木 そうですよねぇ。里崎さんはどうですか?キャッチャーだったら、「おい!バットがあるぞ!」って言わない?

 

里崎 キャッチャーでも、打球の行方を見ているんで、あそこにバットがあるなんて見てないかもしれないですね。

 

高木 なるほどねぇ。

 

里崎 それで、コケて何をしてんのかなと思いますけど、この後のベンチとか試合が終わったら怒りますよね。

 

アナ そんなライオンズですけども、今シーズン最多の貯金20ということで。

 

高木 ねぇ。やっぱり、今は日本ハムしか追い掛けるチームがないのかな。

 

アナ うーん。そうですねぇ。

 

 

以上です。

完封ペースだったんですけど、途中退場でそれもなくなりました。12勝もしているし、本当にエースなんで怪我には注意です。

おすすめの記事