2018年8月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.阪神タイガース戦で8回表3点ビハインドという状況で澤村拓一が登板し3人で抑えましたがイマイチ不安の残る読売ジャイアンツの中継ぎ陣について元中日阪神の田尾安志、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【8月7日時点で今シーズンの巨人のリリーフ】

カミネロ 不調で抹消中

上  原 不調で抹消中

マシソン 右ひざ痛で抹消中

澤  村 この日3点ビハインドの8回表に登板

アダメス 8月4日に抑えで登板

 

 

アナ 巨人は8回に3点ビハインドで、澤村投手をマウンドに送り出しました。

 

高木 そうなんですよ。田尾さん、監督とすれば、ちょっと気楽な場面でちょっと調整しろという形もあったと思うんですが。

 

田尾 そうですね。あんまりいい結果が出ていなかったので。

 

高木 そうですね。

 

田尾 まあ、今日は3人でビシッと抑えましたからね。これが次のゲームにどう繋がるかですけどね。

 

高木 そうですね。ただ、セットアッパーもクローザーもいないような状況で。

 

田尾 そうですよね。

 

高木 アダメスというピッチャーが先日、抑えでマウンドに上がりましたけど、田尾さんだったら巨人の中継ぎをどうします。

 

田尾 こういう状況の中で監督は誰かを抑えとして決めないといけないんですよ。

 

高木 うーん。

 

田尾 その時に中途半端にお任せじゃなくて、もうお前しかいないよ、というぐらいの責任を持たせて投げきらせるかどうか。それが大事だと思う。澤村でもいいと思うんですよ。

 

高木 なるほどね。里崎さんならどう考えますか?

 

里崎 もう僕は見ていたら心配なんで、スクランブルで調子のいいピッチャーを使います。

 

田尾 フフフ(笑)

 

里崎 いや、見ていて怖いですよね。

 

高木 怖いねぇ。

 

里崎 だから、僕だったら、イニング途中でも平気で代えます。

 

高木 なるほど。じゃあ、決めない方がいい。

 

里崎 決めない方がいいというか、決められないです。怖くて。

 

高木 なるほどね。田尾さんはそれでも決めた方がいいと。

 

田尾 はい。僕ならもう決めちゃいますね。

 

アナ へぇ。

 

高木 やっぱり、色んな考えがありますよねぇ。

 

アナ 本当ですよねぇ。

 

高木 まあ、誰に収まっていくのか、注目ですよね。

 

 

以上です。

不安定なのが多いですね。今年のセ・リーグはどこも中継ぎが崩壊していますけど。でも、里崎の考えってかなりかなり軽い感じがしますね。テレビゲームの感覚ぐらいに聞こえます。

おすすめの記事