2018年7月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で東北楽天ゴールデンイーグルスが石井一久にGM職を要請したというニュースを受けてその楽天の狙いをデーブ大久保が笘篠賢治と野村弘樹とフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 今日のテーマをお願いします。(※毎週定期的にやっているコーナーなのでこういう始まり方にしました)

 

大久保 石井一久GM要請に楽天の『世界戦略』を見た!

 

アナ 世界戦略ですか!? 笘篠さんが驚いていますけど(笑)

 

笘篠 世界ですか!

 

大久保 そうなんです。まあ、その前に野村さんがコーチをやっている時に監督が辞任した事ってあります?

 

野村 あります。4年目ですかね。須藤さんが。

 

大久保 スーやんが。

 

野村 はい。シーズン途中に休養で江尻さんが監督になられて。

 

大久保 そうなってしまって、チームはどうなりました?

 

野村 いや、僕はまだ若かったので理解ができなかったですね。何が起こっているんだと。

 

大久保 うん。もうその時点で士気が上がるわけがないですよね。

 

野村 そうですよね。そうなっているということは当然チームの状態も悪いわけで。

 

大久保 そうですよね。

 

野村 はい。

 

大久保 2回目の時は?

 

野村 その時は大矢さんが監督で僕がコーチだったんで。

 

大久保 噂はあったんですか?

 

野村 いや、ないです。

 

大久保 突然?

 

野村 はい。忘れもしない月曜日で、次の日から交流戦で千葉から始まる予定だったんですよ。月曜日がちょうど休みで、ちょうど家に居たら大矢さんからわざわざ電話を頂いて。

 

大久保 はい。

 

野村 「実はこういうことで、こういう事になったんだよ」って言って、「え!?」ってなって。

 

大久保 うーん。

 

野村 だから、言葉にできないですよね。

 

 

大久保 そうですよね。じゃあ、笘篠さんが今の楽天にコーチをしていたとして、監督が辞められてGMがボーンと来る。どんな気持ちになりますか?

 

笘篠 コーチというのは1年契約じゃないですか。

 

大久保 はい。

 

笘篠 だから、GMが誰になろうが、とりあえず1年間契約している以上は目一杯やろうと。

 

大久保 なるほど。

 

笘篠 来年のことは知ったこっちゃないんで。来年もやってもらえますかというのがあれば考えますけど、コーチは1年契約で先のことは分からないので。

 

大久保 確かに。

 

笘篠 今のことを目一杯、選手に対して何ができるのかというのを考えられないですね。

 

大久保 僕もこのニュースが出た後にメジャーの関係者に取材をしたんですよ。そうすると、日本とアメリカのGMのスタイルの差を聞いたんです。

 

野村 うんうん。

 

大久保 「メジャーでも色んなスタイルGMがいる」と。ただ、基本的にはビジネスマン。

 

野村 うむ。

 

大久保 球場の売店を黒字にすることから、編成から、全部を見るのがGMの仕事というのが一つ。そして、マリナーズがイチローを何で残しているのかというと、あれはビジネスとしてはイチローが外れるとスポンサーが外れるというのがあるのでGMとしては「チームにいてください」となる。あと、殿堂入りすることに関しては最後の所属チームということになるんで、これもGMの仕事らしいです。

 

野村 マリナーズのユニフォームで終わってくれという。

 

大久保 そういうこと。みんな三木谷さんの現場介入とかで悪く言ったんですけど、僕はビジネスマンとして見た時に僕はそう思っていなくて。

 

野村 はい。

 

大久保 何かと言うと、石井一久は間違いなく日米にいたわけですよ。メジャーリーグの関係者から言わせると、三木谷オーナーがメジャーの球場に来られても日本の企業のオーナーが来たっていうゲスト扱いです。

 

野村 うん。

 

大久保 そこでメジャーでも実績のある石井一久さんがいると世界戦略ができると考えてビジネスパートナーとしてメジャーに食い込めるという。

 

野村 うんうん。

 

 

大久保 それで、何が起こるかと言うと、サッカーで凄い選手を獲得したでしょ。イニエスタみたいなもんで、メジャーから本物のメジャーリーガーを獲得しましょうということにおいては石井一久さんがマネージメントをビジネスマンとして出来なくても、三木谷さんはビジネスの世界ではトップクラスの人じゃないですか。その人からすれば石井一久に1億円を払っても全く無駄にならないという捉え方をできるという。

 

野村 要するにスムーズに橋渡しをしてくれるという。

 

大久保 そういうこと。ただ、今の日本のスタイルはフランチャイズ制じゃなくて、どうしても『楽天』という看板がある。企業の名前が付いているのはメジャーから日本のプロ野球を見たら、それは50年前なんですって。(※50年遅れているという意味だと思います)

 

野村 なるほどね。

 

大久保 世界を見てビジネスをするなら三木谷さんが考えている、石井一久を入れてメジャーとの交流していく、ビジネスパートナーになるというのは物凄い大事なことらしいです。

 

笘篠 そこまで考えているんですね。僕なんかはただ単に『石井一久GM要請』というのを新聞で見た時に、もしかしたら一番仲が良かった古田さんが楽天に監督になるのかなあと勝手にそんなことを浮かんだぐらいです。

 

アナ なるほどぉ(笑)

 

大久保 僕が浮かんだのは、何と斎藤隆がサンディエゴパドレスで働いているんですよ。

 

野村 そうですね。

 

大久保 そこを考えると石井一久がアメリカに行って、東北福祉大を卒業した斎藤隆は楽天の監督あるんじゃないかと。世界戦略の一環でいきなりアメリカのサンディエゴパドレスから監督を獲ってくるみたいな。

 

野村 今の監督がPLの後輩の平石なんで気にはなっているんですけど。

 

大久保 まあ、そこは一回置いておきましょう。

 

野村 そうですか(笑)

 

大久保 そういうことが色々と取材した中でありましたと。

 

アナ GM誕生で楽天が生まれ変わる可能性がありますね。楽しみです。

 

大久保 楽しみ。

 

 

以上です。

デーブの情報だからとバカにする人がいるかもしれませんけど、この男は意外と人脈がありそうなんで取材能力はある方だと私は思います。まあ、どうなるかは分からないですけど。

おすすめの記事