2019421日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日の千葉ロッテマリーンズ戦で先発の有原航平が降板から無失点リレーで勝利を収めた北海道日本ハムファイターズのリリーフ陣について元日ハムの岩本勉、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



アナ 日本ハムが接戦を制しました。

 

岩本 はい。ファイターズ有原投手は立ち上がりからスゴいピッチングを見せてたんですよね。しっかりと地面をとらえて右足でプレートを押す力もスゴく強く充実していたんですけど、突然不調を訴えて緊急降板。

 

アナ はい。

 

岩本 真中さん、これベンチは慌てますよね。

 

真中 うーん。接戦ですからねぇ。こういうときはイヤな感じがするんですよねぇ。

 

岩本 でもそのあとをリリーフした宮西辺りがちゃんと危機を救ってくれるんですよ。

 

今日の継投
1有原6310.64
2宮西1000.00
3浦野1005.19
4秋吉1200.00

 

真中 そうですね。しっかりと繋ぎましたよね。

 

岩本 はい。

 

真中 宮西はもちろん実績のあるピッチャーですけど、意外と緊急降板のあとは中継ぎピッチャーも投げづらいですよね。

 

岩本 そうですね。

 

真中 それでもしっかりと普通に仕事ができる。4番手の浦野は結果が出てなかったですけど、しっかり抑えましたよね。

 

岩本 えぇ。

 

真中 あとは秋吉ですよ。頑張ってるじゃないですか。

 

岩本 機能してますね。 

 

真中 もうクローザーですよね。

 

岩本 そうですね。栗山監督が色んな選手を試しながら、抑えのピッチャーを明言せずに色々と対応していくと言ってるんですよね。けっこう秋吉がいいです。

 

真中 でも、色んな経験をさせて誰が一番いいのかを決めて後ろを投げさせるべきですからね。

 

岩本 はい。

 

真中 今はそれを探しているところですかね。

 

岩本 なるほど。まあ何と言っても緊急登板の宮西がこの試合のキーマンの一人でしたね。

 

アナ でもこのように安定したリリーフ陣が増えるともっと試合が運びやすくなりますよね。

 

岩本 その通りなんですよ。先発ピッチャーは強いリリーフ陣がいれば最初から飛ばせるんですよ。試合の運びが良くなります。

 

アナ これからも期待です。

 

岩本 はい。

 

 

以上です。

中継ぎがいい働き。
おすすめの記事