巨人・山口俊×斎藤雅樹 インタビュー 調整具合を語る 2019年3月4日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2019年3月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で読売ジャイアンツの山口俊がインタビューを受けています。聞き手は巨人の前投手コーチの斎藤雅樹。

背番号11について

斎藤 (背中の方を見て)俊、ちょっとこれ見せてくれよ。ほらぁ、11番ですよ。どうだ俊、この11番は。

山口 いやぁ、重みが違いますね(笑)

斎藤 でも横浜の時もそうだったよね。

山口 そうですね。やっぱり小さい頃から地上波で巨人戦をずっと見てて、11番は斎藤さんのイメージが強くて。

斎藤 おっ!それは嬉しいですね。

山口 はい。いい番号をいただいたんで、なんとか完投できる、1年間タフに回れるピッチャーになりたいですね。

斎藤 いいね。これから聞こうとしたことを全部言っちゃうね。

山口 あっ、すいません(笑)

調整は順調

山口 今年は昨年と違って、腕を振るんじゃなくて、下から振られてくる感覚になってるんで。

斎藤 うん。

山口 球数を投げても疲れづらい、良い状態になってきていると思います。

斎藤 それは下半身から先導されてということだよね?

山口 そうですね。

新球に挑戦

斎藤 今年は新しい変化球を考えてるのかな?

山口 一応、シンカー系のボール。チェンジアップなのかシンカーなのかってとこなんですけど。

斎藤 うん。

山口 やっぱり腕が振れてくることによって変化が変わってきてるので、それを今後試していければなというところですね。

斎藤 やっぱりパワーボールはいっぱいあるからね。そこにちょっと抜くボールがあると、もっと長いイニングも簡単に投げられるのかなという感じだね。

山口 はい。200イニングが僕の先発投手としての目標があるので、そこに近付けるように。

今季の勝ち星は?

斎藤 (勝ち星は)何勝だ?

山口 やっぱり15は勝ちたいですね。

斎藤 そうだよな。ってことは10敗以下に抑えないといけないよね。

山口 はい。

斎藤 それは最低条件だと思うよ。

山口 はい。

斎藤 そうしないと、なかなか勝てるチームにならないと思う。

山口 はい。

斎藤 頑張ってください。

山口 ありがとうございます。

最後に握手をして終了

以上です。

順調にきてそうです。斎藤雅樹はいい人オーラ出まくってます。