2021年8月28日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.阪神タイガース戦で貴重な2ランホームランを放った広島カープの林晃汰について元横浜の高木豊と元日ハム阪神の片岡篤史がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



林のヒーローインタビューの一部

2ランHRを打った瞬間は?

 「いったかな」と。「そのままいってくれ」と思っていました。

 

―母校の智辯和歌山が夏の甲子園で決勝進出

 今日のお昼ぐらいに、自分も負けてられないなと思って頑張りました。

 

 

林を語る

この日の林の打撃内容
1打席目 レフト前ヒット
2打席目 セカンドゴロ
3打席目 右中間ホームラン(打点2)
4打席目 レフトフライ
率.296 本6 打点25(8/28の試合終了時点)
母校に捧ぐ一発!

 

井森 林選手の母校の智辯和歌山が夏の甲子園で決勝進出という事で、後輩の活躍が刺激になってるみたいですね。片岡さんはこの林選手についていかがですか?

 

片岡 楽しみですよね。ある程度、ここまで経験を積んできて打率2割9分6厘と高くなっていますし、その経験を積む事でどんどんレベルも上がってると思いますね。

 

井森 えぇ。

 

片岡 サードの守備も試合に出る毎に上手くなっていくと思いますので、鍛えがいのある選手ですね。

 

井森 そうですよね。豪快のバッターですよね。豊さんはどう見られてますか?

 

高木 下半身が柔らかいですよね。粘りがある。どんな変化球にもついていけるバッターになるだろうなと、本当に期待感のあるバッターですよ。

 

井森 期待が持てる選手ですよね。

 

 

以上です。

高卒選手を鍛えてある程度まで仕上げるのが上手い球団。
おすすめの記事