2021年8月28日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で待望のプロ2勝目を飾った千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希のピッチングについて元横浜の高木豊と元日ハム阪神の片岡篤史がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



 

佐々木のヒーローインタビューの一部

佐々木 長い間、勝ててなかったので勝てて嬉しいです。早い回で野手の方々が点を取ってくれたので楽に投げられました。変化球も上手く使いながら、いい配球ができたかなと思います。次も勝てるように頑張ります。応援お願いします。

 

 

佐々木を語る

この日の佐々木の投球内容
5回83球 被安打3 奪三振5 四球2 失点0
今季2勝2敗 防御率3.22(8/28の試合終了時点)
MAX156キロで待望のプロ2勝目!

 

井森 ロッテが楽天に勝利し、3連勝です。豊さん、佐々木投手は東北の地でプロ2勝目となりました。

 

高木 やっぱりここで勝つというのは特別な想いがあると思うんですよね。

 

井森 そうですねぇ。

 

高木 だからプロでここで勝つ事を夢見て、また東北の人たちに夢と力を与えるという意味では本当に嬉しい1勝だったなと思いますね。

 

井森 噛み締める1勝ですよね。

 

高木 そうですね。

 

井森 片岡さんはどうご覧になりました?

 

片岡 今日は見てて、非常にバランスが良くなったと思うんですよね。

 

井森 えぇ。

 

片岡 ゆったりしたフォームから、恐らくバッターは腕の振りよりもボールを速く感じると思うんですね。

 

井森 はい。

 

片岡 悪い時というのは、左足が地面に着いてから右手が早く出てくるんですけど、間がある分だけ、バッターを見ながら投げていると感じました。ですから今日のピッチングには非常に余裕を感じましたね。

 

井森 そうですか。

 

片岡 ある程度バッターの狙い球を感じながら投げられているようなピッチングが出来ているように見えましたね。

 

高木 何か投げ方も大きくなったように感じますね。

 

片岡 そうですね。スケールが大きくなって下半身も安定しているので、ピッチングに安定感が見えましたね。

 

高木 うんうん。

 

井森 次回登板にもかなり期待ができるというピッチングでしたね。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

本格化してきているのがハッキリと見えてきましたね。
おすすめの記事