2018年9月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島カープ戦で1軍初打席で初ホームランの衝撃デビューをした東京ヤクルトスワローズの村上宗隆について元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



【この日の村上の打撃内容】

1打席目 ライトホームラン (打点2)

2打席目 ファーストゴロ

3打席目 セカンドライナー

4打席目 サードフライ

 

 

アナ ヤクルトはカープに敗れましたがドラフト1位ルーキーの村上選手が鮮烈なデビューを果たしました。

 

岩本 イキのいい選手が出てきました。今日は左バッターの豊さんと真中さんがおられますからね。まず真中さんはどう見られました?

 

真中 いやぁ、ファームの首脳陣に聞いても、もうモノが違うと言っていましたね。

 

岩本 おぉぉ。

 

真中 バッティングに関しては本当に一級品という話ですね。

 

岩本 はい。まあ、守備で痛い思いしましたけど、初打席で一発を打つというのはね。ホームランバッターとして入団した選手ですよね?

 

真中 はい。そうですね。ちなみに山田の入団1年目はファームでホームランを5本しか打ってないんですよ。この村上は既に17本(9/16現在)も打っていますので、その数字を見ても1年目の高卒ルーキーとしては凄い数字ですよね。

 

岩本 いやぁ、今後楽しみですよねぇ。豊さん、村上選手のバットコントロールを見てどうですか?

 

高木 センスを感じるのと、やっぱり頭がいいね。

 

岩本 ほー。

 

高木 よくホームラン打った後の2打席目って、ある程度変化球をマークするんですよ。それで真っ直ぐを遅らせてファールにしたりしてね。

 

真中 あぁ、してましたよねぇ。

 

高木 してたよね。

 

真中 してました。

 

高木 それで3打席目にそのスライダーか何かを捉えてセカンドライナー。あれ完全にその球を投げさせるように誘導していたから。

 

真中 うん。

 

岩本 あー。

 

高木 やっぱり、末恐ろしい感じがしますよ。

 

岩本 そこまで感じますか。

 

高木 感じた。

 

真中 それよく見てましたね。僕も思いました。追い込まれてからストレートをマークしてましたよね。

 

高木 何か人をド素人みたいに言うなあ(笑)

 

一同 ハハハ(大爆笑)

 

真中 豊さん、さすがです。見るところが違います(笑)

 

高木 あれヘッドを遅らせて打ってたもんね。

 

真中 遅らせていました。さすがですねぇ。

 

高木 さすがだよね。

 

岩本 キャッチャーで入団したんですよね?

 

真中 キャッチャーですね。今日はサードでエラーしましたけど、守備は入ってから半年ぐらいしかしていませんから、サードの守備はもっと上手くなるでしょうね。

 

高木 いやぁ、もう守備は慣れだもんね。

 

真中 何とかなると思います。

 

岩本 左バッターのお二人のお墨付きですから楽しみです。

 

 

【村上宗隆のプロフィール】

2000年2月2日生 188cm・97kg 右投左打

九州学院高校→ヤクルト (2017年ドラフト1位)

イースタン成績

打率.289 (360打数104安打) 本塁打17 打点70

 

 

以上です。

筒香みたいな雰囲気のあるバッターです。真中の口がちょっと滑ってたのが面白かった。

おすすめの記事