2018年8月19日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のフィラデルフィアフィリーズ戦で先発し9回7安打1失点で見事な完投勝利をあげたニューヨークメッツのデグロームのピッチングについて元ロッテの黒木知宏がフリーアナウンサーの上田まりえと共に解説しています。

 



【この日のデグロームの投球内容】

9回108球、被安打7、奪三振9、与四死球0、失点1

今季8勝7敗 防御率1.71 (8/19の試合終了時点)

現在、メジャートップの防御率

この試合で200奪三振を突破

 

 

アナ 9回7安打で完投。圧巻のピッチングでしたね。

 

黒木 そうですね。フィリーズの打線ってすごくいいんですよ。でも、フィリーズの打線をしてもデグロームに手も足も出ない状況でしたよね。

 

アナ はい。

 

黒木 もうとにかく、フォーシームが強い。そして、変化球とコントロールが素晴らしい。もう全てにおいてパーフェクトですよね。

 

アナ 揃ってますねぇ。

 

黒木 はい。高めに投げる場合があるんですけど、少しキャッチャーも高めに構えているんですね。

 

アナ はい。

 

黒木 ですから、その高めの速いボールを使いながら、その高さから落としていくスライダーを投げる。バッターはもう手が出ません。

 

アナ うーん。

 

黒木 まあ、こういうピッチングをしていると攻めのピッチングになりますし、テンポも上がってきますし、もう本当にスーパーエースというピッチングになりますよね。

 

アナ そして、球速が凄いですが、この試合ではフォーシームの平均球速は156.0キロ。そして、スライダーが148.8キロと。これどちらもメジャー平均を上回っているんですよね。

 

【今季のMLB平均球速】

フォーシーム 149.8キロ

スライダー  135.6キロ

 

 

黒木 スライダーが148.8キロなんですけど、これカットボールの球速なら分かるんですよ。

 

アナ はい。

 

黒木 でも、この平均球速はスライダーですからね。

 

アナ このスピードは凄いですね。

 

黒木 はい。カットボールのようなちょい曲がりではなくて、思いきり曲がった148.8キロのボールを投げるわけですから。

 

アナ はい。

 

黒木 このスライダーとフォーシームの球速。そして、曲がり幅、落ち幅を見ると、バッターは手が出ないですね。打てないと思います。

 

アナ スライダーの平均球速がメジャー平均のフォーシームと同じぐらいですもんね(笑)

 

黒木 はい。凄いですね。

 

アナ そして、9回に最後のバッターを打ち取った108球目のボールが、この試合で最速の159.4キロをマークしたと。

 

黒木 まあ、バランスもいいですよね。とにかくスタミナもありますし、投げ方もいいので、この投球を続けていたら初のサイ・ヤング賞もあるのかなと思いますよね。

 

アナ 今後のピッチングも楽しみなピッチャーですね。

 

黒木 はい。

 

 

以上です。

デグロームは素晴らしいピッチャーです。知らない人は覚えておきましょう。

おすすめの記事