2018年10月28日にフジテレビで放送された「S-PARK」でこの日の日本シリーズ第2戦、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスのキーポイントを元中日の立浪和義と元横浜の野村弘樹がフジテレビアナウンサーの中村光宏と共に語っています。

 



【試合を決めた鈴木誠也にインタビュー】

野村 ソフトバンクの投手陣はどんな印象ですか?

 

鈴木 出てくるピッチャー、全員の球が速くて、なかなかシーズン中に見たことがないスピード。

 

野村 あぁ、セ・リーグにはいない感じの?

 

鈴木 やっぱり球の強さだったりが。全ピッチャーほとんどを昨日(第1戦)で見れたので、そこが良かったと思います。

 

立浪 5回1アウト2-3塁でチャンスで打席を迎えたんですけど、あのタイムリーでの打席を見ていたらちょっとスライダーを狙っていたのかなという感じがあったんですけど。

 

鈴木 はい。1打席目と2打席目ではほとんど真っ直ぐに張っていて変化球に対応できなかったんで、そういう考えがバッテリーにあるのかなと思ったので、初球は甘いスライダーを見逃して真っ直ぐに張っているとバッテリーは考えているだろうなと思ったので上手く打てました。

 

野村 3戦目以降は意気込みを。

 

鈴木 完全アウェイの中で試合をやると思うので、その雰囲気に呑まれないように自分たちの野球をしっかりとやっていければ、いい試合が出来ると思うので、本当に今日明日をしっかりとやっていきたいと思います。

 

野村 じゃあ、また明後日に大暴れしてください。

 

鈴木 はい。

 

 

ここから立浪、野村が試合のポイントを語ります

 

アナ 日本シリーズ第2戦はホームの広島が1勝目を手にしました。鈴木誠也選手にお話を伺いました。立浪さん、やはり勝負のポイントは5回の攻防でしょうか。

 

立浪 はい。5回裏の鈴木誠也選手のタイムリーですよね。

 

アナ はい。

 

立浪 まあ、3点はリードしていたんですけど、やはりこの球場でソフトバンクの打線というのは強力ですからね。

 

アナ うん。

 

立浪 やはりあそこで点取れないと、また試合がもつれたかもしれませんよね。

 

アナ 野村さん、投手戦目線であの場面はどうですか?

 

野村 鈴木誠也は前の打席も変化球で空振りを取られているんですよね。

 

アナ はい。

 

野村 それであの5回の打席でも1ストライク目のスライダーを見逃しているんですよ。

 

アナ はい。

 

野村 その辺りでピッチャーのバンデンハークは変化球を投げるのは悪くないんですけど、もっと細心の注意を払わないと。

 

アナ うーん。

 

野村 それで同じようなところに甘く入ると、やはり4番バッターですから上手く打たれますよね。

 

アナ 大きな追加点でしたね。

 

 

以上です。

5回の追加点で試合が決まりました。

おすすめの記事