2018年5月6日にNHKで放送された「サンデースポーツ2020」でシアトルマリナーズの特別アドバイザー就任することになったイチローについて元西武中日の和田一浩がNHKアナウンサーの大越健介とNHKアナウンサーの副島萌生(以下アナ)と共に語っています。

 



【打撃練習で柵越え連発のイチローの映像を見て】

大越 この今の映像を見ると、まだやれるじゃんって思っちゃうんですけど。

 

アナ はい、

 

大越 どう思いました?

 

和田 間違いなくやれると思います。

 

大越 やれる。

 

和田 やれると思いますけども、やはりメジャーというのは契約の世界ですから中々そういった難しさがあったと思うんですけども。ただ、引退かどうかは分からないんですけども、日本でやるのを見たいですよね。

 

大越 見たい。何とかして見たいですね。

 

和田 見たい。

 

大越 表情が昨日、今日と見ていますと何かこれまでとは違う物凄く明るい笑顔が印象的なんですが、どんなふうな気持ちなんでしょうね。

 

和田 まあ、勝手な想像なんですけども、ユニフォーム着ているうちというのは数字との戦いなんですね。

 

大越 はい。

 

和田 その数字との戦いからちょっと解放されたんじゃないかなっていうのが、あの笑顔、あの表情に表れているんじゃないかなと思いました。

 

大越 やっぱり数字との戦いというのは厳しいですもんね。

 

和田 そうですね。ずっと付いてまわります。

 

アナ 先ほど、和田さんからイチロー選手が日本でプレーするところを見たいとお話がありましたけども、マリナーズ来シーズンの開幕戦を東京ドームで開催します。今シーズンはプレーしないという契約なので、来シーズンはイチロー選手がプレーをする姿を見られる可能性もありますよね。

 

和田 (その情報を知らなかったような顔で頷く)

 

 

以上です。

イチローのプレーする姿を見たいですね。来年の東京ドームがもしかしたら最後かもしれません。和田さんが知らなかったような顔をしていたんですけど絶対に知ってたでしょ(笑)

おすすめの記事