201976日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で敗れた広島カープ。極端に打順を組み替えて試合に挑んだことについて元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に色々と語っています。

 



この日の広島のスタメンオーダー
1番 セカンド  曽根
2番 センター  西川
3番 レフト   坂倉
4番 ライト   鈴木
5番 ファースト 松山
6番 サード   安部
7番 キャッチャ 磯村
8番 ショート  田中

 

アナ 広島に勝った阪神は2カードぶりの勝ち越しということになりました。一方の敗れた広島は4年ぶりの7連敗。ちょっと交流戦から苦しい戦いとなっています。苫篠さん、広島がここ7試合ほどスターティングオーダーを変えているんですよね。

 

苫篠 そうですねぇ。やっぱりカープは打線の繋がりを重視するチームなんですけど、繋がりどころかチーム全体の打撃力が下がっているので、ちょっと色々と固定してオーダー組めないだけに色んなことを試している段階だと思うんですよね。

 

アナ なるほど。

 

苫篠 その中で今日は松山にヒットが出ているのが救いではあるんですけど、まだまだ夏場から後半に向けて、まだ山場はあると思いますから。

 

アナ はい。

 

苫篠 こういった経験が後半に生きてくればいいなと私は思っていますけどね。

 

アナ 今日はスタメンに菊池選手を外した意図というのはどういったところでしょうね?

 

苫篠 まあ2018年も田中広輔を外したりで色々とありましたからね。

 

アナ はい。

 

苫篠 そういう起爆剤的な、「こんちくしょー!」という気持ちを引き出すことも視野に入れたスタメン落ちだったんじゃないですかね。

 

アナ なるほど。広島の明日のオーダーに非常に注目が集まりますね。

 

苫篠 はい。

 

 

以上です。

連敗中は何をやってもうまくいかない時があります。
おすすめの記事