201976日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初打点、初安打をマークした埼玉西武ライオンズの鈴木将平について元横浜の斎藤明雄と元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



アナ ロッテに勝利した西武。その中でも鈴木将平選手が3年目ながら、昨日(7/5)プロ初スタメン、そして今日もスタメンで非常に存在感を発揮したプレーを見せました。そのプレーのまとめがこちらです。

 

この日の鈴木のハッスルプレー
4回表 セカンドゴロでプロ初打点
4回表 1塁から長打で生還
6回表 ヘッスラでベルトが切れる
8回裏 ピンチを救うファインプレー
9回表 内野安打でプロ初ヒット

 

アナ 走攻守に渡るハッスルプレーをした鈴木選手なんです。苫篠さん、こういった走りでも魅せて、打点もあげ、そして初安打と嬉しい1日になったんじゃないですかね。

 

苫篠 そうですね。プレースタイルというか、必死にしている姿ですよね。この辺が物凄くいいですね。

 

アナ はい。

 

苫篠 辻監督がこの鈴木であったり、愛斗であったりと、若い選手を我慢じゃなくて、使うんだと決めたら信用して使い切る。監督にそういう度胸があるんですよ。その監督の度胸に選手も乗っかってこれてるんじゃないですかね。

 

アナ なるほど。明雄さん、ヘッドスライディングでベルトが切れるぐらいのハッスルプレーですよ。

 

斎藤 そうですね。やはり見ていると一生懸命やっています。それで一段と目立ちますよね。やはり野手はユニフォームが汚れている方がゲームに出ているなと感じますしね。

 

アナ そうなんですね() 実は今日ご両親がスタンドで観戦していたようで「必死に食らいつきました。ほっとしています」というプロ初ヒットのコメント。そしてその記念球はスタンドで応援していたご両親にプレゼントする予定だと話していました。

 

 

以上です。

西武はパワータイプが目立ちますが、こういう選手も必要です。
おすすめの記事