2021年8月31日vs.中日ドラゴンズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 青柳―小川―及川―小野―岩貞

中日 福谷藤嶋―田島―又吉―マルティネス

 

阪神先発の青柳は3回表に連打を浴び、更にロハスのミスも絡み5失点。阪神はこのまま敗色濃厚ムードでしたが、5回裏にマルテのタイムリーなどで一挙5点取り同点。7回表、阪神の及川が3点取られ再びビハインドに。試合はこれで決まり5-8で阪神の負け。これで阪神は4連敗。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

3回表に一挙5失点

矢野 ロハスはしっかりと捕らんとアカンよね。その後の渡辺の2点タイムリーもバッテリーで止めないといけない場面だった。

 

7回表の3失点の及川について

矢野 2アウトまでいっていたのでバッテリーでしっかりと止めてほしかった。7回は馬場・及川・小川あたりで考えてるんだけど、若いピッチングスタッフなのでキャッチャーが引っ張ってほしい。

 

―ファーム14連勝で先発高橋が6回途中無失点

矢野 今日の投球で1軍に来る準備は整ったんじゃないか。あとはタイミングだけ。

 

 

以上です。

ズルズルいきそうな負けです。
おすすめの記事