2021年8月29日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦でミスが目立ち3連敗となった福岡ソフトバンクホークスについて元日ハムの岩本勉、元南海阪神の江本孟紀、横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



アナ ソフトバンクは首位オリックスに敗れ4位で6ゲーム差となっています。

 

岩本 はい。ソフトバンクらしくない野球をしているんですよね。エラーが目立つというか。

 

この日のソフトバンクの2つのミス
4回裏 レフトアルバレスがフライをポロリ
7回裏 ピッチャーとキャッチャーがが衝突し内野安打に

 

岩本 大矢さん、4回と7回にミスが出ました。7回は内野安打となっているんですけど、やっぱりミスがそこに付いてくるという、らしくない野球が目に付いたんでけど。

 

大矢 そうですね。これは阪神も一緒だけど、負ける試合というのはこういうのが後を引いちゃうんですよね。

 

岩本 はい。

 

大矢 でも4回のはバレンティンでもしないだろうなというエラーでしたからね。

 

岩本 はい(笑)

 

大矢 7回のスチュワートと甲斐が衝突したのはキャッチャー甲斐が出過ぎですね。キャッチャーが処理してもアウトには出来ないですね。

 

岩本 なるほど。江本さん、ミスが目立つソフトバンクについていかかですか?

 

江本 言いたい事は大矢さんが全部言ってくれた(笑)

 

岩本 (笑)

 

江本 ソフトバンクにはもうちょっと頑張ってもらいたいな。やっぱりソフトバンクらしさというのを首位を走ってるチームを叩いて出していかないと。

 

大矢 今年のソフトバンクは「今年は無理かなぁ・・・」っていう感じを持ちながらやってる感じがするね。

 

江本 なんかみんな空回りしてるよな。あんなエラーなんか本来は出ないチームだからね。

 

岩本 はい。周りはどこかで上がってくるだろうと思っていたんですけど、大矢さんが言われたように、選手たち不安げに戦っているのかなという部分も見えるんですよね。でもそこを跳ね返す事が出来るチームですからね。

 

アナ そうですね。工藤監督も「うちのチームの力があれば十分巻き返せる」と試合後にコメントされていました。

 

岩本 その言葉がどれだけ選手に伝わって、温度差が同じであるかというのが問題ですよね。

 

 

以上です。

いつもならこの辺から猛烈な巻き返しが始まるんですが。
おすすめの記事