2018年10月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でセ・リーグ、クライマックスシリーズのファイナルステージ、広島カープvs.読売ジャイアンツで足を使った攻撃で攻めまくり快勝した広島について元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



野村 カープの攻撃です。まず初回ですよね。1番の田中広輔がフォアボールで出塁して2番の菊池の打席で1ボールからエンドランをベンチは仕掛けてきましたね。

 

真中 そうですね。積極的に動いてきましたよね。

 

野村 この辺はベンチもサインを出すのに勇気がいると思うんですけどね。

 

真中 勇気がいるんですけど、ベンチの菊池に対する期待ですよね。そこで菊池もしっかりと期待に応えますよね。

 

野村 そして足を使った攻撃ですよね。今日は丸、田中、安部の3人が盗塁をして2人がアウトになったんですけど、野間も長打で1塁から一気にホームに生還したりで、やはりカープの足というのは健在ですね。

 

真中 そうですね。アウトになった盗塁もあったんですけど、本当に積極的に動いてきましたよね。

 

野村 斎藤さん、このカープの攻撃をどう見ますか?レギュラーシーズンとは変わらないですね。

 

斎藤 全く変わらないです。自分のやるべき野球やるんだという気持ちになっていると思うんですよね。まあ、本来なら初回は送りバントとかを考えたりするんですけど、相手の裏をかいてエンドランをしてアッサリ得点する。自分のやるべき野球をするんだという気持ちでやっていると思います。

 

野村 初回のエンドランが決まったというので勢いを感じますよね。

 

斎藤 そうだと思いますよね。これでいけるんだという気持ちになったと思いますよ。

 

野村 やはりこの足もそうですし、この足によってバッテリーも攻めが変わってくるだろうし、短期決戦で足を使う作戦というのはカープらしさですね。

 

斎藤 そうですね。これだけ走られると明日に投げるピッチャーはもう真っ直ぐが多くなるんじゃないかと思いますよ。

 

野村 そうですよね(笑)

 

稲村 ここで緒方監督の試合後のコメントを紹介します。「全員がプレーボールから集中力を持ってバットが振れていた。大瀬良がしっかりと投げてくれた」とコメントしています。

 

 

以上です。

カープの足を使った攻撃は伝統ですね。

おすすめの記事