2018年10月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でセ・リーグ、クライマックスシリーズのファイナルステージ、広島カープvs.読売ジャイアンツで先発し、好投した大瀬良大地とパーフェクトリレーの中継ぎ陣について元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日のカープの投手陣

先発大瀬良6回1失点
2番手一岡1回無失点
3番手フランスア1回無失点
抑え中崎1回無失点

 

稲村 カープがジャイアンツに快勝です。アドバンテージを含めこれで2勝となりました。

 

野村 真中さん、カープの先発の大瀬良はどうでしたか?

 

真中 今日は良かったですね。ストレートが非常に走っていましたし、右バッターに対してのアウトコースのスライダー系ですよね。あれが全然間違わなかったのですね。

 

野村 これはインコースへの配球も効いてますよね。

 

真中 そうですね。インコースのストレートとアウトコースのカット系の組み立てですね。もうジャイアンツの右バッターはアウトコースの球が全く打てなかったですね。

 

野村 うーん。そして先発の大瀬良は6イニングを投げて1失点。7回に一岡、8回にフランスア、9回に中崎が投げて7回8回9回とパーフェクトリレーですよね。このブルペン陣も大きいですよね。

 

真中 そうですね。もう7回以降が完璧でしたね。休んでる間にしっかりと調整が上手くできましたよね。

 

野村 チームとしてはピッチャー陣がいい入り方をしましたよね。

 

真中 はい。最高の入りをしましたね。

 

野村 斎藤さん、今日の大瀬良も含めてカープの投手陣はどうですか?

 

斎藤 まあ、789は完璧だと思うんですよね。そして去年にDeNAに負けたというので非常にいい経験をしたと思うんですよね。だからリリーフ陣はいい休養ができて、いいブルペン陣の練習ができたんじゃないかな。

 

野村 うん。

 

斎藤 それでバッターに対して悔いの残らないようにストレート勝負をしてキッチリと三振を取っていたのは流石だなと思いますね。

 

野村 またフランスアが戻ってきたのが大きいですよね。まあ、予定通りだとは思うんですけど。

 

斎藤 そうですね。

 

野村 今日はいきなり158キロが出ていましたからね(笑)

 

斎藤 本当に上手く調整できているし、上手く休養を取らせた首脳陣もさすがだなと思います。

 

 

以上です。

初戦でほぼ完勝したんで日本シリーズをほぼ手中にしたように思います。

おすすめの記事