2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」でオリックスバファローズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位山下舜平大福岡大大濠投手188/93カーブ
2位元謙太中京学大中京外野186/78大型野手
3位来田涼斗明石商外野180/85大型野手
4位中川楓立教大投手184/80サブマリン
5位中川拓真豊橋中央高捕手177/86強肩強打
6位阿部翔太日本生命投手178/78即戦力右腕

(本指名のみ掲載)

 

アナ そしてオリックスバファローズです。こちらも佐藤を指名したんですが、外れ1位で福岡大大濠の山下舜平大投手を指名しました。小関さん、オリックスはいかがでしょうか?

 

小関 ずっとBクラスが続いてるチームに何なんですけど、今のオリックスって勢いがあると思ってるんですよ。チーム成績には出ないですが。 

 

アナ はい。

 

小関 それが指名に反映されてると思いますよね。特に2位3位に高校生の野手を持ってくるというのはなかなかね。やっぱり太田とか紅林とかいますしね。

 

アナ はい。

 

小関 ちょっと出てくる兆しがこういう指名に向かわせたんだと思いますね。

 

アナ うーん。西尾さん、まさに上3人、そして5位に中川と共にけっこう割り切った高校生指名でいきましたよね。

 

西尾 そうですね。低迷してるチームってどうしても即戦力にいきたいんですけど、やっぱりオリックスは去年、一昨年と3年続けて育成路線ですよね。

 

アナ はい。

 

西尾 しかも2位、3位、5位とみんなスケールのある選手のような気がするんですよね。

 

アナ うーん。

 

西尾 だから山下選手が上手くハマればエースになれるし、山本由伸投手もいますしね。まだ野手は未知数な選手がスゴく多いんですけど、本当に楽しみですよね。

 

アナ 島田スカウトの山下舜平大投手へのコメントを紹介します。「日本のエースに将来なる存在だ」と。そして来田涼斗選手を担当した乾スカウトは「将来的にはトリプルスリーも狙える逸材」と。

 

小関 いやぁ、本当に来田は中森と対戦するのが意外と早いんじゃないかと思いますよね。

 

西尾 乾スカウトは女性の方ですよね。

 

アナ あっ、そうなんですね。

 

西尾 オリックスジュニアの時にスタッフの時に入ってたみたいで、来田選手のこと小さい頃から知ってたみたいですね。

 

アナ そういう事もあるんですね。

 

西尾 ずっと見てきたんで乾さんも感慨深いんじゃないですかね(笑)

 

アナ だからスカウトも事細かに答えられたりもしてますしね。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

将来的に楽しみです。
おすすめの記事