2019629日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦でサヨナラヒットを打った横浜DeNAベイスターズの宮崎敏郎について、そして好リリーフを見せた中継ぎ陣について横浜で監督をしていた大矢明彦と元巨人の斎藤雅樹がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



宮崎のヒーローインタビューの一部

宮崎 みんなが繋いでくれたのでファーストストライクからいこうと決めてました。みんな必死に一日一日頑張っていますので、これからも応援よろしくお願いします。

 

 

大矢と斎藤雅樹が語る

アナ DeNAが広島に勝利。これで今シーズン4度目のサヨナラ勝ちとなりました。大矢さん、3連勝で一気にムードも盛り上がるでしょうか。

 

大矢 そうですね。やっとベイスターズらしい粘りが出てきたゲームでしたね。

 

アナ そうですね。借金が残り1まで来ましたよ。

 

大矢 はい。もう今年は厳しいかなという時期がありましたけどね。よくみんなで頑張って借金を返してきましたよね。

 

アナ 雅樹さん、こういうムードがDeNAの怖さですね。

 

斎藤 そうですね。もう打ち出したら止まらないというイメージがあるんですよ。特に横浜スタジアムではよくやられました。

 

アナ ですよね。今後どうなっていくのか。そして、その中でリリーフ陣が頑張りました。国吉が3勝目ということで、雅樹さん、国吉はどうでしたか?

 

斎藤 もう真っ直ぐも速いですからね。ピンチの場面で開き直って投げれたのが良かったんでしょうね。

 

アナ 強いボールを投げようということで肉体改造した成果が出ていますよね。

 

斎藤 はい。

 

アナ さて大矢さん、国吉も含めて投手陣はどうでしょうか?

 

大矢 まあ三嶋と国吉は1イニングのパワーピッチに変えてからはスゴくいい内容なんですよね。

 

アナ なるほど。

 

大矢 だから左バッター、右バッターを問わず1イニング投げられる、この二人がいるというのは凌いでいくイニングが必要になってくると勝ちに繋がってくると思いますね。

 

アナ あとはエスコバーとかパットンもいます。

 

大矢 そうですね。けっこういますよ。

 

 

以上です。

5割復帰したら優勝も見えてきますね。
おすすめの記事