2021年7月11日vs.読売ジャイアンツ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 西

巨人 高橋大江―ビエイラ

 

両先発共に好調の立ち上がりからゼロ行進。終盤の8回表に巨人が大城のタイムリーで均衡を破れる。結局この1点だけで両チームが終わり0-1で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―9回1失点完投の先発・西について

矢野 西は前半から今年一番良かったけど、如何せんゼロでは勝てない。いつも気持ちを込めて投げてくれているが、更にというのは感じている。

 

―決勝点のシーンについて

矢野 後からどうこう言うのは簡単だ。あそこは梅野と西の勝負にいった結果だから。

 

―試合を通して

矢野 今日はバッターが何とかできなかったのが全て。前半戦、残り3試合で気持ちをぶつけてほしい。

 

―対高橋優貴について

矢野 ミーティングで色々やっているけど、プロである以上は結果を出さないといけない。もっとやるべき事がある。今日もそんなに良くは見えなかった。何度もやられている悔しさを持ってほしい。

 

―巨人に1つ負け越した(今季通算阪神の7勝8敗)

矢野 シーズンの中で勝ったり負けたりはあるけど、過程の事についてはどうこう言うつもりはない。(※怒気ある声で答えたようです)

 

 

以上です。

にしても打てないですね。
おすすめの記事