2018年10月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦の試合後に行われた千葉ロッテマリーンズの岡田幸文の引退セレモニーを見てヤクルトの監督をしていた真中満、元阪神南海の江本孟紀、元横浜の高木豊がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



【この日の岡田の打撃内容】

1打席目 セカンドフライ

2打席目 ショートライナー

3打席目 レフト前ヒット

4打席目 センター前ヒット

5打席目 ライト前ヒット

盗塁1

 

 

衛藤 岡田選手、最後の試合は3安打猛打賞で有終の美を飾りました。

 

高木 立派なスピーチでした。江本さん、どういう印象がありますか?

 

江本 印象ねぇ。まあ、色んな選手がいるなあというね。私はロッテを見る機会がそんなにないんだけど、やっぱり10年間ホームラン無しで、自分の特徴を生かして、ここまでやってきた選手の一人ですね。

 

高木 そうですね。真中さんはどうですか?

 

真中 本当にいい選手でしたよね。最後のスピーチで「ホームランを打ってません」というところで笑いが欲しかったと思うんですよ。

 

江本 うん。

 

真中 ファンの皆さんも構えていたんで、ドッと笑いが出なかったですね。

 

高木 そこまで考える必要はないと思うんだけど(笑)

 

真中 ちょっとザワっとしたところで締めたかったんじゃないかなと思ったんですけどね。

 

衛藤 ちょっとクスっとできましたけどね。

 

真中 そうですよね。

 

高木 そうだったかなあ?

 

真中 はい。

 

高木 でも、最後の打席って初球からいってもいいのに打席で必死に涙を堪えてる感じがしたんですよねぇ。

 

真中 そうですね。何か岡田のプレースタイルと言いますかね。チームのためにやるというところが最後の打席に出たように感じましたけどねぇ。

 

高木 でも、3本ヒットが打てて良かったですね。

 

衛藤 そうですね。娘さんも見ていましたしね。

 

真中 3人いますからね。

 

江本 岡田はこの後はどうするの?

 

高木 そこまでは分からない。

 

江本 四国の独立リーグでいつでも待ってるから。(※江本は高知ファイティングドッグスの総監督)

 

高木 そうですね。

 

江本 また一報ください。

 

真中 フフ(笑)

 

衛藤 岡田選手、10年間本当にお疲れ様でした。

 

高木 はい。

 

 

岡田幸文 34

2009年から2018年にロッテに在籍

通算910試合、2501打席、打率.255 (2247打数573安打)

本塁打0、打点119、盗塁142

2008年育成ドラフト6

2011年と2012年にゴールデングラブ賞

シーズン外野手連続守備機会無失策パ・リーグ記録 (2011年 .359)

 

 

以上です。

センター守備が上手すぎるのとホームランを打たない選手というので印象があります。

おすすめの記事