2018年4月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で西武から巨人に移籍をし、この日に初勝利を上げた巨人の野上亮磨について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉が語っています。この日の野上は5回2/3で87球、被安打4、奪三振3、四球3、失点2でした。

 



岩本 移籍してからの1回目のマウンドは相当緊張すると思うんですけども。まあ、先制を許しながらもチームが彼に勝ち星をつけたというのが今後の彼のマウンドにも非常に大きな自信となって彼のパフォーマンスを上げてくれるんじゃないかと思います。ジャイアンツにとって凄く大きな勝ち星になったと思いますが大矢さんはどうですか?

 

大矢 そうですね。ジャイアンツは開幕戦か凄く悪いゲームでしたよね。

 

岩本 はい。

 

大矢 それが2戦目は勢いをつけて。今日の野上ってこれから先の鍵を握るピッチャーなんですよ。それで大体、ベンチが予想していたぐらいの投球をしてくれたのでね。楽しみになりましたね。

 

岩本 結果もついてきて良かったですね。豊さんは移籍を経験されている方ですけども。

 

高木 僕はガンちゃんが勇気付けてくれたから、日本ハムの時に。(高木豊は1994年に樋地ハムに移籍をして岩本と1年だけ一緒でした)

 

岩本 ありがとうございます。

 

高木 だから、助かりましたけど。野上については白星がつきましたからチームの一員になれたような感じがありますし今後は楽になっていきますよね。

 

岩本 よく移籍した選手がそういうコメントを残しますよね。

 

高木 そういう意味では大きな勝ちだったし巨人がオープン戦の時から逆転逆転で勝ってきているんですよね。だから、オープン戦もシーズンのような戦いが出来ているんでしょうね。

 

岩本 キャンプで準備をして、オープン戦で成果を得て、それが結果となって出ている。

 

高木 そうですね。

 

 

以上です。

野上がかなりやるようなら今年の巨人は相当暴れそうな予感です。

おすすめの記事