2021年6月29日vs.東京ヤクルトスワローズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 青柳―岩崎―スアレス

ヤク 田口大下―星

 

ヤクルトは2回表に4番村上のソロホームランで先制。阪神は直後の2回裏に2アウトから8番梅野から5番佐藤まで7連打で5点返し4点差とする。4回表にヤクルトは中村の犠牲フライで1点返し3点差とする。阪神はこの後に1失点するが、試合の展開は動かず5-3で阪神の勝利。

 

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―2アウトから7連打について

矢野 野球って怖いなっていう部分と、あそこからでも出来るんだという部分がある。ああいう繋がりがうちの野球だし、ここに長打も入ってくればいいかなと思う。

 

―7回2失点の先発・青柳について

矢野 飛ばしている感じに見えた。先に点を取られたというのもあるけど、ホームランの後によく投げてくれたのがゲームの中で大きかった。オリンピックにも選ばれて、もともと苦手な事がたくさんあったけど、あいつも自覚を持ってずっと取り組んできたから、しっかりとした裏付けがあるところも見える。

 

―糸原の2番起用について

矢野 健斗が2番にいる事で俺たちが楽なんだ。中野が2番を打つことは中野にとって将来の成長に繋がる事なんだけど、チームとして任せられる安心感という意味で糸原の方がだいぶ大きい。

 

 

以上です。

青柳さんがエースになってます。
おすすめの記事