2018年5月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsヤクルト戦の9回表1点ビハインドで無死1塁の場面でバントを決められなかった巨人。接戦の弱さが如実に出ていると元横浜の高木豊、元横浜の斉藤明雄、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【巨人の1点差ゲームの勝敗】

8試合3勝5敗 勝率.375

 

 

アナ 巨人は追加点が取れなかったですよね。

 

高木 やっぱり接戦に弱いというね。僅差のゲームに弱いという印象があるんですけど今日でも送りバントの失敗をしているという。

 

アナ そうですね。

 

【9回表1点ビハインド無死1塁バッター亀井が送りバント失敗】

高木 明雄さん、ここを送っていれば何とか同点という形が作れたと思うんですけど。

 

斉藤 そうですね。その後にヒットが続いていたんですけどね。

 

高木 そうですね。

 

斉藤 やはり監督がバントといくと決めてワンアウト2塁で代打としたかったのに出来なかったところが今日の敗因だと思いますよ。

 

高木 そうですね。デーブさん、やっぱり僅差で勝てないと優勝争いまでなかなか行けないですよね。

 

大久保 今日この試合をちょっと見ていて、吉川が打者走者で1塁を駆け抜けた時にそのままセーフになったんですよ。

 

高木 うん。

 

大久保 ファーストが上手く飛び付いて捕ったんですけど、もし後ろに抜けていたら進塁出来ていたにもかかわらず。

 

高木 うん。

 

大久保 普通、ベースを駆け抜けたら止まるというのが強いチームですよ。

 

高木 まあ、そうですよね。

 

大久保 細かい野球っていうのはね。

 

高木 はい。

 

大久保 駆け抜けてダラダラしているのが、こういうのが勝てない野球だと正直思ってしまったんですね。そういう基本的なことの積み重ねだからと感じましたね。

 

高木 なるほどね。まあ、細心の心配りで野球をやることも大事ですよね。

 

 

以上です。

細かい野球をしないと勝てないですよね。ただ、あの場面に亀井にバントはありなんでしょうかね。

おすすめの記事