2018年5月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsソフトバンク戦で撃ち込まれた東北楽天ゴールデンイーグルスの中継ぎ陣について元横浜の高木豊、元横浜の斉藤明雄、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 楽天は連勝が4でストップです。

 

高木 そうですね。明雄さん、先発陣はある程度整ってきて、ある程度打てるようになってきて、あとは中継ぎだと思うんですけども。

 

斎藤 うん。1番大事なゲームを締める7回8回9回ですよね。

 

【この日の楽天中継ぎの投球内容】

福山 2/3回、1安打、0HR、1四球、2失点

高梨 1回1/3、1安打、0HR、0四球、0失点

久保 1回、2安打、1HR、1四球、2失点

菅原 1回、1安打、1HR、0四球、1失点

 

 

高木 福山は去年かなり良かったんですよね。

 

斎藤 去年の疲れもあるのかボールが動いていないんですよね。本来のツーシーム系の球が。

 

高木 うーん。

 

斎藤 それで甘く甘く入ってしまって、打たれているから自分自身に焦りがあるのかなと。どうしても打たれ出すとピッチャーはストライクを欲しがる。

 

高木 うーん。この疲れというものは抜けないもんなんですか?よく隔年で活躍するピッチャーがいますけど。

 

斎藤 そういうのはありますけど、シーズンオフからキャンプに入って去年投げたから、ちょっと少な目にしようかというのが公式戦に入るとあまり良い結果が出ない。

 

高木 なるほどね。

 

斎藤 疲れている時こそ自分の体をいじめて、疲れていてもしっかりと投げられるような体力を付けないといけないと思います。

 

高木 なるほどね。デーブさん、やっぱりリリーフが整ってくると戦う態勢も出来てくると思うんですけど、去年のリリーフ陣と何が違うと思います?

 

大久保 はい。やっぱり負けている試合が多いじゃないですか。

 

高木 うん。

 

大久保 負けている試合が多いチームは1点差ゲームも勝ち試合にしないといけないというところで、状態の良いピッチャーをどんどん使い出すとみんな最後に疲れてきちゃうんですよね。

 

高木 ですよねぇ。

 

大久保 その悪い連鎖ですよね。だから、3点離れて、そこで初めて負け試合のピッチャーで何とかしようなりますから本当にキツくなりますよね。

 

高木 なるほどね。まあ、そこら辺の整備が出来て初めて態勢が整うんですよね。

 

 

以上です。

後ろがしっかりしないと勝ちも拾えないですからね。楽天はどん底のどん底からようやく抜け出してきてあとは中継ぎというところまで来ましたね。

おすすめの記事