2019年2月12日にABCラジオで放送された『ラジオノオト』で阪神タイガースの藤浪晋太郎がプロ入りしてきた中日ドラゴンズの根尾昴、千葉ロッテマリーンズの藤原恭大などについて元阪神の投手コーチの中西清起とABCアナウンサーの伊藤史隆と共に語っています。

 



このラジオ番組のリスナーから質問

「今年ドラフトで入ってきた大阪桐蔭高校の後輩たちとの対決は楽しみですか?もし対決する時はどういう対決をしたいですか?」

 

 

アナ 藤浪さん、今年は母校からまとめて4人入って来ました。

 

藤浪 そうですね。特にピッチャーの2人は投げ合うこともあるかもしれないですけど、それよりもバッターの方が対戦も早いと思うんで、根尾だったり藤原との対戦が早いのかなと思います。

 

アナ それこそ藤浪さんもエースの時(2012年)に春夏連覇したわけですよ。

 

藤浪 はい。

 

アナ それで今度プロに入ってきた根尾選手や藤原選手の世代も春夏連覇しまして、やっぱり意識するところはあるでしょ?

 

藤浪 春夏連覇とかはそれほどですけど、やっぱり後輩は対戦が楽しみですし、ファンの方は喜んでくれると思うんで。

 

アナ うんうん。

 

藤浪 そういう意味ではスゴい楽しみですね。

 

アナ 実際に「俺たちのチームより強いなあ」とかは思ったりしたことはなかったですか?

 

藤浪 あー・・・どうなんですかね。今は時代が違うんで。世代が違うと言っても6つか5つぐらいですけど。

 

アナ はい。

 

藤浪 自分が当時153キロ投げてて、それで「スゴいスゴい」と速球派と言われていたのに今は根尾も柿木も152キロとか平気で出すんで、そういう意味では高校野球のレベルが上がっていってるんで、今の後輩たちの方が強いんじゃないかなと思いながら。

 

アナ へぇ~。

 

藤浪 高校野球のレベルはどんどん上がってるんで。

 

中西 下の世代の根尾とか藤原と対戦という話ですけど、逆に今までは上の世代の浅村とか中村剛也とかと対戦するのが楽しみだったのがね。

 

藤浪 そうですね。

 

中西 まあ、根尾はドラゴンズだし対戦がかなり多くなると思うし。

 

藤浪 そうですね。1軍で試合に出たらそうですね。

 

中西 最初が大事よ。最初が。

 

藤浪 フフッ(笑) そうですね(笑)

 

中西 一発目に4タコぐらい食らわせとかないと。

 

藤浪 イヤだなと思わせる事が大事かなと思いますね。

 

中西 そうそう。藤原は言うても年に2試合だけなんで。

 

藤浪 交流戦とかしかないですね。

 

中西 ローテーションによっては対戦があるかないか分からないからね。

 

藤浪 はい。

 

アナ でも、やっぱり楽しみというのはありますよね?

 

藤浪 そうですね。楽しみですね。

 

 

以上です。

お互いに1軍でバリバリやってたら対戦もあります。

おすすめの記事