2021年4月23日vs横浜DeNAベイスターズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 藤浪―馬場―エドワーズ―小野―桑原

横浜 坂本平田―エスコバー―石田

 

阪神の先発藤浪は初回は上々の立ち上がりを見せましたが、2回から大荒れで四球連発で1失点、3回にも四球連発で2失点。阪神は4回裏に大山が反撃のソロホームランで2点差。しかし、藤浪は5回にオースティンにデッドボールで降板し、リリーフ出た馬場がエラーなどが絡み一挙4失点。試合はこのまま進み1-7で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

大乱調の先発藤浪について

矢野 同じボールが続いていたから、これは修正できていないということだ。ここまで貯金があったのは先発が頑張ってくれているから。昨日は秋山で今日は藤浪。まあ、ここでどう立て直すかが大切だ。

 

エラーはピッチャーによってリズムが崩れたのか?

矢野 今日のエラーはプロとして恥ずかしいレベル。馬場のエラーも佐藤もエラーも。そういうレベルの話ではない。若い選手はこういうミスがあるものだが、その中からどう学んでいって、どう成長するかだ。

 

―スタメン落ちの梅野とサンズについて

矢野 体も疲れてる。もともとどこかで休ませるというのがずっとあって、今日梅野なんかは出そうと思えば大丈夫だったんだけどね。今日1日リフレッシュで明日から2人とも使います。

 

 

以上です。

藤浪がぶち壊し。
おすすめの記事