201987日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦の8回表に荒れていたピッチャーに対してバントをしてしまった東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋基弘の判断について横浜で監督をしていた大矢明彦、元広島の達川光男、元近鉄西武の金村義明がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



シーン

8回表 楽天は1点ビハインド

ノーアウト1塁でバッターの嶋は送りバントをしようとする。このときの西武のピッチャーのマーティンはボールが荒れていてコントロールがおぼつかない状況。結果的にインハイのボール球をバントして送りバントを決めたものの、その嶋の判断はどうだったのか。

 

 

大矢、達川、金村が語る

衛藤 楽天が西武との接戦に敗れました。

 

大矢 僕が一番気になったのは嶋が送りバントをした場面なんです。

 

衛藤 はい。

 

大矢 西武のリリーフのマーティンがスゴく荒れていたんですよ。ストライクが入りそうになかったんですよね。達川さん、バントのサインは出ていたと思うんですけどね。

 

達川 はい。大矢さんも監督をされてベンチにおられた時に結果は送りバントのサインを出してるから、成功でいいんですが、あれぐらいのボールはベテランなら見逃してほしいなというところですよね。

 

大矢 そうなんですよね。金村さん、確かにバントのサインは出ていたと思うんだけど、ピッチャーの状態、ピンチのなり方を考えると、僕はベテランの嶋だったら他の選択肢を・・・と考えたんですけどね。

 

金村 明らかなボールですけど、僕らでもあったのが顔の近くに来るとついついバントをしてしまうというね。

 

大矢 はい。まあ、難しい場面は難しい場面なんだけど、達川さんとこの試合を見ながら話をしていた時に「嶋なら見逃してもフルカウントならなんとかできるからベンチでもその方が作戦の展開が多かったんじゃないかな」という話をね。

 

衛藤 なるほど。難しい判断ですよね。

 

大矢 難しい。でもベテランだから、いい選択をしてほしかったなと、敢えて取り上げてみました。

 

 

以上です。

なかなか難しい判断ですね。
おすすめの記事