2018年4月18日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsオリックス戦では3-4と惜敗したものの隙あらば走っていくというロッテの足攻について元巨人の松本匡史と元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



野村 今日、この試合を見ていてオリックスは勝ったんですけど、オリックスは6回にヒット5本と四球を絡めて一挙4点。対するロッテは4回と8回に1点ずつ取っているんですけど、この時に足を絡めているんですね。

 

稲村 はい。

 

野村 オリックスは一挙に4点は取ったんですけど、ヒット5本を打って打っての4点。それを逃げ切った。対するロッテは負けはしたけど1点ずつも含めて必ず走者を動かして足を絡めて進めてくるんですよね。

 

稲村 はい。

 

野村 こういう戦い方って2017年とは違うなっていう意識と、これ相手バッテリーにとってはかなりのプレッシャーにもなるんですよ。こういう戦い方をロッテは続けているなあと思うんですけど、松本さんはどうですか?

 

松本 そうですね。やはり足を使える選手が多いだけに足を使って接戦をどうやって取るかっていう。そういう考えでやっていると思うんですよね。

 

野村 はい。金村さんはいかがですか?

 

金村 はい。もうオープン戦の時からずっと一貫していますよね。こうやって足を使いながら。大砲と呼べる選手は少ないんですけど、これはオープン戦の頃から継続していてこのままいってほしいですよね。

 

野村 こういった戦いをしていると相手にとってロッテはイヤな存在になりそうですよね。

 

金村 恐らく、この戦い方はブレずに貫き通すと思いますよ。

 

稲村 盗塁もそうですけど走塁も魅力ですからね。

 

野村 そうなんですよ。1つのヒットで走者が2塁で止まるのか3塁まで行くのかで得点力も変わってくるので、こういう戦いを今年のロッテはずっとやっているので相手の脅威になるでしょうし続けてほしいなと思いますね。

 

稲村 これからの戦いも楽しみです。

 

 

以上です。

足を使う野球はそのうち壁にぶち当たると思っていましたが続いていますね。井口監督は色々と考えて野球をやっていますね。本当に大砲がいないのにここまで勝つというのはけっこう凄いことだと思います。これからもこの足を絡めた攻撃が続くのか注目です。

おすすめの記事