2018年11月19日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で2018年シーズンで引退し、2軍監督に就任した松井稼頭央がライバルと憧れの選手について語っています。野村弘樹、高木豊、片岡篤史と共に語っています。

 



野村 ライバルを聞きたい。

 

松井 あっ、ライバルですか。基本的には同級生になるんですけど。

 

野村 やっぱりそうだね。

 

松井 はい。まあ、一番のライバルは上原浩治投手ですね。

 

野村 あっ、バッターではなくて?

 

松井 バッターだったら当然福浦和也選手。福浦選手は良きライバルであり、良き友。でもやっぱり対決するのはピッチャーなので、このピッチャーを打ちたいと思ったのが上原投手。

 

野村 なるほど。

 

松井 一度、オールスターで対戦したんですよ。

 

野村 うん。

 

松井 その時に真っ直ぐが全然当たらなかったんですよ。

 

野村 へぇ~。

 

松井 その時に初めて、『うわあ このピッチャーが一番速い』と思いました。

 

野村 ほぉー・・・。

 

高木 やっぱり速かった?

 

松井 速かったです。自分でも真っ直ぐが来ると分かっていても真っ直ぐが一向に当たらなかったです。

 

野村 真っ直ぐを待っていて真っ直ぐを打てなかった。

 

松井 はい。打てなかったです。その時にちょうど上原投手は1年目だったんですけど、その時は本当に速いと思いましたね。

 

野村 うーん。ライバルは上原投手だと。

 

松井 はい。

 

 

ここから憧れ選手イチローについて

 

片岡 プロ野球に入ってどういう選手に憧れて、どういう選手を目指していたのかを聞きたいですね。

 

松井 僕、巨人ファンだったんですよ。

 

片岡 うん。

 

松井 それで原監督が好きでした・・・。

 

野村 へぇ。

 

松井 1985年の阪神巨人のバックスクリーン3連発があったじゃないですか。

 

野村 はいはい。

 

松井 僕、あの試合も観に行ってるんですよ。

 

野村 甲子園に。

 

松井 はい。甲子園に。それぐらいやっぱり原さんが好きで。イチローさんは憧れですけど、それはプロに入ってからの憧れですよね。

 

野村 なるほど。

 

松井 プロに入る前はジャイアンツファンだったんで。それで実際にプロに入ってからイチローさんと一緒のパ・リーグで対戦しましたけど、何もかもがスゴかったので。

 

野村 うーん。

 

松井 いつもイチローさんのバッティングを見てましたし。

 

野村 うーん。

 

松井 それがホームであれど、ビジターであれど、すっと見てましたね。

 

高木 バッティングで参考にしていたことはあるの?

 

松井 真似はしました。お話はしたことないんですけど。

 

高木 うん。

 

松井 イチローさんはどんな風に打ってんのかなと思って真似したりとかはけっこうしましたね。

 

野村 真似というのはどのへんを?

 

松井 タイミングとか。

 

高木 右足を遊ばせるとか?

 

松井 遊ばせました。はい。あとイチローさんはホームだったら、ティーバッティングをしてるんでそのティー見て、同じティーをしてみたりとか、そういうのをずっとしてましたね。

 

 

以上です。

上原と原監督とイチローです。

おすすめの記事