2018年4月18日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs日ハム戦で終盤の8回裏に8点差ビハインドから7点を取り、最終回の9回裏に2点を取って大逆転のサヨナラ試合をした西武について元巨人の松本匡史と元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【辻監督の勝利監督インタビューの一部】

辻 まあ、まさかというのが1番ですけど。いやぁ、8点差はちょっとしんどいかと思いましたけど。1点差まで追い付いた攻撃も見事でしたし、最後のチャンスを作った、ノーアウト満塁というチャンスをお膳立てをした選手たちにも褒めてあげたいと思いますし。最後は(森)友哉が美味しいところを持っていったってことでいいんじゃないでしょうか(笑)

 

 

稲村 西武が見事な逆転勝ちでした。

 

野村 凄い試合でしたね。8回に7点、9回に2点でサヨナラ。もう西武打線の集中力以外の何物でもないんですけど、これ凄い試合でしたね松本さん。

 

松本 凄いですね。打つのもそうなんですけど、やっぱり選ぶところはしっかり選んで繋いでいるのが8回裏の7点に繋がったんじゃないかなと思うんですけどね。

 

野村 ただ打っていくだけじゃなく見るところは見て四球を選んでるんですよねぇ。金村さんはいかがですかね?

 

金村 いやぁ、高校野球でしか見ないような試合でしたね。そういう展開ですよね。終盤の2イニングですよね。今の野球で抑えが確立されたゲームでは見ないですね。8回9回で8点差をひっくり返すというのは。

 

稲村 ホームランなしですからね。

 

金村 見ていても分かるようにバッターがね、栗山はショートの頭、浅村は一二塁間と、反対方向にも繋いでいっていると。

 

野村 はい。

 

金村 まあ、それにしても日本ハムの投手もちょっと立ち直れないかもしれないですね。

 

野村 ここでひっくり返されてこんな負け方をするとね。

 

金村 ちょっとチームが白けてしまうかもしれないのが心配ですね。

 

稲村 はい。

 

野村 ですから、こういう勝ち方をするとまだまだ勢いが続きそうですね。

 

以上です。

ミラクル大逆転ですね。まさに奇跡。こんな試合はなかなかないです。これだけの試合をした西武は大盛り上がりでしょうけど、逆に日ハムの選手の気持ちの面がやっぱり心配になりますね。

おすすめの記事