2018年5月6日のvs中日戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は阪神岩貞、中日マルティネスの先発で始まる。阪神は2回表に岩貞が中日打線に連打され先制点を取られるが、その裏にすぐさま1点を取り返し同点とする。4回裏に更に1点を取り勝ち越す。6回裏に中日の5つのミスが重なり普通のタイムリーと言えるものなし(記録ではタイムリー1本ありますが)で5点を取る。6点差で楽勝ムードと思いきや、8回表にリリーフの石崎が3ランを浴び3点差に。更に9回にはドリスがアルモンテからソロを浴び2点差に。そこから満塁まで追い詰められるが何とか逃げ切り最終スコア7-5で阪神が勝利。スカイAとABCラジオの野球中継を参考に書いております。

 



【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ 8回9回は追い上げられましたけどもベンチではどんな心境で戦況を見つめていましたか?

 

金本 いやー腹立ってましたね。色々と。

 

アナ どんなところが甘さという意味で出ましたかね?

 

金本 ん~、色々言えばキリがないんですけど、ピリっとしないというかね。まあ、勝ったことは喜ばないといけないんですけど、もう少しピリっとしたところが欲しかったですね。

 

アナ 攻撃陣に目を向けたいんですけども、非常に効率良く点を重ねていたなと思ったんですけど、監督はどんなふうに見てらっしゃいましたか。

 

金本 そうですね。糸原が進塁打みたいな右打ちを決めてくれて、高山も三振とかポップフライ以外(を要求される)の場面でゲッツー崩れの間に1点とか。まあ、欲しいところで犠牲フライとか、そういう点では、そつなく得点できていましたね。

 

アナ 先発の岩貞投手の評価はいかがでしょう?

 

金本 ん~、ちょっとコントロールに苦しむと言いますか、無駄な四球っていうか、ストライクを取るのに精一杯っていうところも出たりしてね。もう少し・・・ピリっとしてほしかったですね。

 

アナ 昨日、上本選手のショッキングな怪我があった中で鳥谷選手がスタメンで結果を残しました。

 

 

金本 そうですね。まあ、風とはいえレフトオーバーのタイムリーですかね。まあ、風に助けられたんですけど、大きな追加点といいますか、良かったですね。

 

アナ 勝ったことが何よりなんですが、このゴールデンウィークの連戦。雨で中止もありましたが勝ち越しました。この間の戦い方、改めてどうだったでしょう?

 

金本 まあ、雨で中止と秋山の完封(正しくは完投)というのでね。2日連続でリリーフが休めたのが助かったなと。本当に良かったです。

 

アナ 週明けからビジターでジャイアンツとカープとライバル球団が続きますけども、それについてお願いします。

 

金本 そうですね。まあ、上位チームとやるんで、今年はジャイアンツと分が悪いですけど、マツダスタジアムと。ちょっとしんどい1週間になるかもしれませんけど、選手も強い気持ちを持って戦ってほしいです。

 

勝利監督インタビュー終わり

 

 

【インタビュー後の監督コメント】

金本 リリーフがピリっとしないね。追い込んでから、しっかりと要求通りの球を投げられずに打たれて四球を出してドカンだからね。

 

【香田投手コーチの試合後の岩貞についてのコメント】

香田 立ち上がりから重い雰囲気のゲーム。粘ったと言えば粘ったかもしれないけど全てを背負い過ぎている感じがした。もっと楽しむというか素直にバッターと対戦したらと思う。

 

 

以上です。

ちょっと不機嫌でした。やはり、リリーフがしっかりしてくれないとスッキリしないですね。それにしても中日のキャッチャー大野は走られまくりで酷いと思いました。

おすすめの記事