2019331日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で打って守って大活躍の福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐について元中日の谷沢健一、元横浜の斎藤明雄、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



柳田のヒーローインタビュー

―ホームランについて

柳田 とにかく打てると思った球をかち上げようと思ってました。

 

―ファインプレーについて

柳田 あれほんまプロイチでしたね。あんまり言いたくないですけど村松コーチのおかげかなと思います。やりましたー!

 

 

谷沢の解説

アナ ソフトバンクが開幕3連勝。高橋投手のピッチングが輝きました。

 

岩本 輝きましたね。そのピッチングも光りましたけど、もう打って守っての柳田悠岐ですよ。谷沢さん、ヤフオクドームはもうギータフェスティバルが止まらないですけどこのカード大活躍ですね。

 

開幕3試合の成績

打率.500(10-5) 2HR 6打点 4四球 3盗塁

 

 

谷沢 えぇ。この開幕3連戦を見るとね、この先の140試合あるけども三冠王が見えてくるようなね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 それと彼の足ですよね。もうどれだけ活躍するんだというのは匂ってきますよね。

 

岩本 そうですよね。

 

谷沢 ただね、センター左にブチ込んだホームランもですね、キャンプで彼のバットを見せてもらって持ってみたらちょっと短い。

 

岩本 はい。

 

谷沢 短くて軽い。それで軽いってことはただ振っただけじゃ飛ばないんですよね。

 

岩本 はいはい。

 

谷沢 やっぱり体幹のパワーがないと軽いバットを操れないわけですよ。

 

岩本 バットに頼らず自らで運ばなければならないと。

 

谷沢 そうそう。そういう意味ではね「短いバットが合う」って言うだから珍しいタイプのバッターですよ。

 

岩本 明雄さん、柳田の存在感はいかがですか?

 

斎藤 ピッチャーからするともう投げる球がない。

 

岩本 はい。

 

斎藤 だから打ち損ないを待つしかないのかなと。だからカウントが不利になって安易にストライクを取りにいくとやられる。それで早めにカウントを整えようとするとまたそこでやられる。だから極端に言うと3球目までに自分の決め球を使って打ち取るしかないと思いますよ。

 

岩本 ウイニングショットから逆算ではなく、もう自分の強い球を先行して投げにいかなければと。

 

斎藤 それの方がいいと思いますよ。それでわざわざコーナーを狙うと余計にダメだと思うからとにかく低く投げることだけを考えればそう簡単にホームランはないと思いますけどね。

 

谷沢 次のカードのピッチャーはそんなに勝負球から入っていかないね。

 

斎藤 いかないですね。ボールからですね。

 

岩本 あぁ、まともに勝負できないというところですかね。

 

谷沢 はい。ボールを打たせるようにね。

 

 

以上です。

手がつけられない状態です。
おすすめの記事