201949日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.広島カープ戦でプロ入り初の猛打賞の東京ヤクルトスワローズの村上宗隆について元横浜の野村弘樹と元中日巨人の井端弘和がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



この日の村上の打撃内容

1打席目 ライト前ヒット(打点1)

2打席目 ライトホームラン(打点1)

3打席目 ライト2塁打

4打席目 空振り三振

5打席目 サードゴロ

シーズン打率.176(4/9の試合終了時点)

 

 

野村 井端の解説

アナ ヤクルトの村上選手がプロ初の猛打賞ということです。

 

野村 はい。井端さん、彼をどう見ますか?

 

井端 春先の侍ジャパンでも選ばれましたし、本当に今シーズン飛躍するんじゃないかと思って選んだので、まだ打率は低いんですけど非常にパンチ力ありますんで。それぐらいの成績を出してもらって、また秋には呼びたいなと思います。

 

野村 なるほど。僕が今日見てるとホームランは真っ直ぐを打ってるんですけど、その前も変化球は打ってるんですけど、ちょっと速いストレートには差し込まれ気味という印象があったんですけど、今日は真っ直ぐを打ったじゃないですか。

 

井端 はい。

 

野村 そのへんの速い球に対するバッティングについてはどう思われますか?

 

井端 少しスイングが外回りしているのが気になるので、もうちょっとインサイドアウトを意識したら、もっとインコースをさばけるようになると思うんで。どうしても構えたところから振り出すときにバットが体から離れて回ってくるんで。

 

野村 この分、少し差し込まれるという。

 

井端 そうですね。今日のホームランも真ん中寄りで多少真っ直ぐなんですけど。

 

野村 カット気味でしたね。

 

井端 そうですね。ちょっと横滑りしてる変化球で時間の余裕があったと思うんで。あれが本当にインサイドに食い込んでくる真っ直ぐとかをうまくさばけるようになってきたら本物じゃないかなと思いますけどね。

 

野村 なるほど。楽しみな選手であることは間違いないですからね。

 

アナ そうですねぇ。

 

野村 スケールが大きいですからね。

 

 

以上です。

速い球をずっと打てない選手もいますし高卒2年目でこの課題に向き合えるのがいいじゃないですか。
おすすめの記事