2018年4月18日のvs中日戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合展開は阪神が先制されて苦しい展開。中日先発の柳に5回までほぼ完璧に抑え込まれ手も足も出ずでしたが6回表に相手のミスにつけこみ逆転に成功。更にメッセンジャーがタイムリーを打つなどで一挙4点を取る。この4点を最後まで守り最終スコア4-3で阪神が勝利しました。サンテレビとMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 



【試合後のコメント】

―6回2失点の先発メッセンジャーについて

金本 今日はカーブが有効だった。スピードというよりもキレがあったね。

 

―タイムリーを打ったメッセンジャーが大活躍だったが

金本 そりゃそうだけど、いつも期待はできないから。(かなりの笑顔だった様子)

 

―ロサリオについて

金本 センターオーバーの2塁打はロサリオらしいバッティングだった。変化球の攻めにだいぶ慣れてきたかな。ある程度、やられているパターンを狙って消していくというか、彼なりに修正しているんだろう。1年経って終わってみれば打ってくれているという期待を持っています。

 

―セーフティスクイズを決めた梅野について

金本 セーフティスクイズはいいところに転がしてくれた。みえみえでもバレバレでも転がせばなんとかなるのよ。

 

―梅野の守備について

金本 守備はナイスキーパー!(暴投気味のボールでもなんとか捕ったり止めたりしていたから)

 

―マテオ抜きの継投だったことについて

金本 ある程度は誰が投げるとかは決めているけど誰が出ても今は抑えてくれそうな印象がある。

 

―最後のまとめ

勝ちはいいんだけど締めるところは締めていかないと。そういつも簡単に勝たせてはくれません。

 

 

以上です。

中日先発の柳をなかなか打ち崩せませんでしたがエラー絡みでなんとか勝った感じです。メッセンジャーがほぼ完璧なピッチングをしてくれました。FA権を獲得しましたがヒーローインタビューでも阪神残留宣言をしていましたし阪神愛がかなりあります。

おすすめの記事